『嫌われる勇気』『漫画 君たちはどう生きるか』担当編集者が明かすベストセラーの極意 (2/3) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『嫌われる勇気』『漫画 君たちはどう生きるか』担当編集者が明かすベストセラーの極意

このエントリーをはてなブックマークに追加
岸見一郎,古賀史健,柿内芳文ダイヤモンド・オンライン
アドラー心理学を説いた『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』と、『君たちはどう生きるか』には多くの共通点がある

アドラー心理学を説いた『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』と、『君たちはどう生きるか』には多くの共通点がある

柿内芳文(かきうち・よしふみ) 編集者。1978年東京生まれ。2002年光文社に入社し『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(山田真哉)などを編集。2010年星海社に移籍し、編集長として「星海社新書」を立ち上げる。その後フリーランスとして『ゼロ』(堀江貴文)、『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(岸見一郎、古賀史健)などを編集。2013年にコルクに合流し『インベスターZ』(三田紀房)、『漫画 君たちはどう生きるか』(吉野源三郎、羽賀翔一)などを担当した後、2017年10月に独立。

柿内芳文(かきうち・よしふみ) 編集者。1978年東京生まれ。2002年光文社に入社し『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(山田真哉)などを編集。2010年星海社に移籍し、編集長として「星海社新書」を立ち上げる。その後フリーランスとして『ゼロ』(堀江貴文)、『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(岸見一郎、古賀史健)などを編集。2013年にコルクに合流し『インベスターZ』(三田紀房)、『漫画 君たちはどう生きるか』(吉野源三郎、羽賀翔一)などを担当した後、2017年10月に独立。

古賀史健(こが・ふみたけ) ライター/編集者。1973年福岡生まれ。1998年出版社勤務を経てフリーに。現在、株式会社バトンズ代表。これまでに80冊以上の書籍で構成・ライティングを担当し、数多くのベストセラーを手掛ける。臨場感とリズム感あふれるインタビュー原稿にも定評があり、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズは累計70万部を突破。20代の終わりに『アドラー心理学入門』(岸見一郎著)に大きな感銘を受け、10年越しで『嫌われる勇気』および『幸せになる勇気』の「勇気の二部作」を岸見氏と共著で刊行。単著に『20歳の自分に受けさせたい文章講義』がある。

古賀史健(こが・ふみたけ) ライター/編集者。1973年福岡生まれ。1998年出版社勤務を経てフリーに。現在、株式会社バトンズ代表。これまでに80冊以上の書籍で構成・ライティングを担当し、数多くのベストセラーを手掛ける。臨場感とリズム感あふれるインタビュー原稿にも定評があり、インタビュー集『16歳の教科書』シリーズは累計70万部を突破。20代の終わりに『アドラー心理学入門』(岸見一郎著)に大きな感銘を受け、10年越しで『嫌われる勇気』および『幸せになる勇気』の「勇気の二部作」を岸見氏と共著で刊行。単著に『20歳の自分に受けさせたい文章講義』がある。

岸見一郎(きしみ・いちろう) 哲学者。1956年京都生まれ、京都在住。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。世界各国でベストセラーとなり、アドラー心理学の新しい古典となった『嫌われる勇気』執筆後は、アドラーが生前そうであったように、世界をより善いところとするため、国内外で多くの“青年”に対して精力的に講演・カウンセリング活動を行う。訳書にアドラーの『人生の意味の心理学』『個人心理学講義』、著書に『アドラー心理学入門』『幸せになる勇気』など。

岸見一郎(きしみ・いちろう) 哲学者。1956年京都生まれ、京都在住。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。世界各国でベストセラーとなり、アドラー心理学の新しい古典となった『嫌われる勇気』執筆後は、アドラーが生前そうであったように、世界をより善いところとするため、国内外で多くの“青年”に対して精力的に講演・カウンセリング活動を行う。訳書にアドラーの『人生の意味の心理学』『個人心理学講義』、著書に『アドラー心理学入門』『幸せになる勇気』など。

●「おじ、おばの心理学」

──原作のおじさんも魅力的ですが、漫画版ではより自分に重ね合わせやすいキャラクターになっていますね。これは意図的に描き方を変えたのですか?

柿内 おっしゃるとおりで、漫画版のおじさんには親近感を持たせるよう意識しました。原作のように文章で読むと目立たないんですが、漫画にしたとき、おじさんの言葉がどうも説教くさくなっちゃって。これでは読者が反発するんじゃないかと、作画を担当した漫画家の羽賀翔一さんが繊細に感じ取ったんです。

古賀 なるほど。原作は自己啓発とは違う、いわば進歩的知識人の「啓蒙の書」だもんね。

柿内 はい。そのときに羽賀さんと共通のイメージとして持ったのが、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクとマーティの関係でした。年代も違う、友だちじゃない、師弟でもない……。そんな彼らの理想的な「斜めの関係」をコペル君とおじさんに持たせよう、と。
 あと、羽賀さんは『嫌われる勇気』の挿絵を担当していたこともあって、アドラーの話もよくしました。……あ、言うまでもありませんが、羽賀さんの存在も2作の共通点ですね。

古賀 たしかに!羽賀さんの挿絵がよかったという感想も、よくいただくんですよ。

柿内 それで、『嫌われる勇気』を熟読していた羽賀さんと「子どもと大人は対等である」というアドラーの考え方を共有して、コペル君とおじさんの関係性ができあがっていったんです。

岸見 まさに、アドラー心理学は「おじ、おばの心理学」と言われることがあります。おじさん、おばさんは、親に比べてちょっと距離があるでしょう?たとえば子どもが学校に行かないと親は大騒動するけれど、おじさん、おばさんはそこまで動じない。「学校、行っていないんだって?」と、いい距離感で接することができます。親子のように近すぎもせず、かといって他人でもない。どんな関係の相手でもそういう距離感をとるのが、アドラーの教えです。

柿内 それ、羽賀さんが描いたコペル君とおじさんの関係そのものですよ。

古賀 おじさんはコペル君と対等で、一方的に啓蒙するわけじゃない。だから読者はおじさんの言葉を素直に聞けるし、おじさんにも肩入れできるわけだ。

柿内 あと、「おじさんの成長」も大事な要素だと思います。コペル君に刺激を受け、おじさんも変化し、自分の課題を乗り越えていく。これも原作にはない設定ですが、おじさんに共感しやすくなったんじゃないでしょうか。
 こうしたおじさんのキャラクターやコペル君との関係性は、羽賀さんが自ら考え、生み出したものです。彼もコペル君やおじさんと同じように、この本を通して大きく成長したと思いますよ。

古賀 うん、羽賀さんの友だちだから言うけど、いちばんの課題だった画力も前よりうまくなったしね(笑)。

──やはり、羽賀さんならではの『君たちはどう生きるか』になっているんですね。

柿内 まず、羽賀さんは原作を読んだことがなかったので、「最初になにをどう感じたか大事にしてほしい」と言って本を渡しました。デビューから何年も経った20代後半というタイミングで、ヒット作もないまま漫画家としても岐路に立たされていて、ほとんど映画『ロッキー』のシルベスター・スタローンみたいな状態ですよ。そんな自分が漫画化するかもしれないという状態で、まさしく「お前はこれから、どう生きるんだ?」と問いかける本に出会う……。その「最初の感性」に従って、原作のどの部分を大切にしていくか決めていったんです。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい