元駐韓大使が占う「北朝鮮4つのシナリオ」、最善は内部崩壊か (1/6) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元駐韓大使が占う「北朝鮮4つのシナリオ」、最善は内部崩壊か

このエントリーをはてなブックマークに追加
武藤正敏:元・在韓国特命全権大使ダイヤモンド・オンライン#北朝鮮

日本にとって最も好ましいシナリオは?(※写真はイメージ)

日本にとって最も好ましいシナリオは?(※写真はイメージ)

●各国の立場・対応がバラバラで北朝鮮問題の解決の道筋は立たず

 北朝鮮の核問題は、いまだ解決の道筋が立っていない。

 これまでの経緯を見ると、北朝鮮が核ミサイルの完成まで突き進む断固たる意志を有していることは間違いない。これに対し、日米はこれを断固阻止すべきとの立場。韓国の立場は、軍事行動は絶対阻止すべきであるが、どこまで非核化に強くコミットしようとしているのかは疑問が残る。中国とロシアは、基本的に現状からの大きな変革は望んでいない。

 このように各国の立場はバラバラであり、今後、解決に向けてどのような道筋をたどるべきなのか、正直なところその方向性さえ見当がついていない。ただ、2018年は北朝鮮の核問題が、どういう方向に向かうのかを決定づける"鍵"となる年であろう。そこで、2017年の締めくくりとして、いくつかのシナリオを取り上げ、その可能性とともに、日本にとってのメリットとデメリットを分析してみたい。



トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい