1坪2品で3億円! 40年間行列が途絶えないあの名店の秘密

2016/12/26 13:45

 ジュンク堂書店池袋本店横の「東(あずま)通り」を入って約5分。
すごい若く綺麗な女性が集まる「天狼院書店」がある。
 たった15坪の書店なのに、「本屋にこたつがある!?」と話題になり、開店わずか3年で153件のマスメディアに取り上げられた。
 なかでも、店主の三浦崇典氏は『AERA』の「現代の肖像」にも登場した。ただ、その起業のきっかけが、1冊の本だったというから驚きだ。
 その1冊とは、稲垣篤子著『1坪の奇跡』。
 たった1坪、「羊羹」と「もなか」の2品で年商3億円。吉祥寺ダイヤ街で40年以上行列が途絶えない奇跡の店があるという。
 どんなお店なのだろうか?三浦氏に語ってもらった。

あわせて読みたい

  • 鎌倉時代の「羊羹」は菓子ではなく羊肉料理だった

    鎌倉時代の「羊羹」は菓子ではなく羊肉料理だった

    週刊朝日

    11/17

    吉祥寺、ハモニカ横丁。懐かしくておしゃれ!

    吉祥寺、ハモニカ横丁。懐かしくておしゃれ!

    tenki.jp

    5/17

  • 「ガンダム」に続き、「あらいぐまラスカル」カフェを出店するバンダイの狙いとは?

    「ガンダム」に続き、「あらいぐまラスカル」カフェを出店するバンダイの狙いとは?

    週刊朝日

    9/9

    劣化する吉祥寺 「住みたい街」ブランドに陰り

    劣化する吉祥寺 「住みたい街」ブランドに陰り

    AERA

    3/11

  • 店長がバカすぎて

    店長がバカすぎて

    週刊朝日

    10/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す