絶体絶命を乗り越えて黒字化したANAの国際線

航空

2016/03/14 14:55

 ANAは、この3月3日で、国際定期便運航の開始から30周年を迎えた。実はANAの国際線は当初から18年間も赤字が続き、一時は撤退論すら議論された。幾度にわたる試練を乗り越えてきた原動力は、純粋民間企業としての自負、ライバルに追いつけ追い越せという競争心、そして将来成長するには国際線しかないという全社員の危機感の共有だ。

あわせて読みたい

  • ANA5千億円赤字を生んだ「行きすぎた拡大路線」と「歪んだ航空行政」 コロナ禍の傷口広げた

    ANA5千億円赤字を生んだ「行きすぎた拡大路線」と「歪んだ航空行政」 コロナ禍の傷口広げた

    AERA

    10/26

    LCCは電車より安い!? “週末海外”を楽しむための徹底活用術

    LCCは電車より安い!? “週末海外”を楽しむための徹底活用術

    週刊朝日

    1/13

  • 世界最強のLCC・エアアジアが日本上陸

    世界最強のLCC・エアアジアが日本上陸

    週刊朝日

    8/2

    スカイマークも買わないJALの悲劇

    スカイマークも買わないJALの悲劇

    週刊朝日

    11/24

  • お盆期間の航空実績2015、国際線旅客数がJAL微増・ANA大幅増、旺盛な訪日需要も -日系大手2社

    お盆期間の航空実績2015、国際線旅客数がJAL微増・ANA大幅増、旺盛な訪日需要も -日系大手2社

    トラベルボイス

    8/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す