コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島慶子

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島慶子

小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『歳を取るのも悪くない』(養老孟司氏との共著、中公新書ラクレ)、『幸せな結婚』(新潮社)

  • NEW

    小島慶子「職場の華であれという時代は、もう終わりに」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * 随分前からしつこく「女子アナ」なんていう俗称は絶滅して...

  • 小島慶子「躊躇なく、安心して病名を告げられる社会に」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  *「人って、がんと聞くとリアクションに困るみたいなんです」...

  • 小島慶子「弱みをオープンにして、男らしさの呪いから自由に」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  *最近、Toxic Masculinity(有害な男らしさ...

  • 小島慶子「南三陸町とオーストラリアの意外な縁は…」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * 宮城県南三陸町の成人式で講演をしてきました。南三陸町と...

  • 小島慶子、わたしは公。小さな声も無駄じゃない

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * 新しい年を穏やかに迎えようと思ったら、正月早々騒ぎにな...