鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中。毎週金曜更新のバブル期入社の50代の部長の悲哀を描く16コマ漫画「ティラノ部長」と毎週水曜更新のラブホラー漫画「お化けと風鈴」の原作を担当し、自身のインスタグラムで公開中。コミック「ティラノ部長」(マガジンマウス)は発売中。「お化けと風鈴」はLINE漫画でも連載スタート。YOASOBI「ハルカ」の原作「月王子」を書籍化したイラスト小説「ハルカと月の王子様」が好評発売中。長編小説『僕の種がない』(幻冬舎)が発売中。作演出を手掛ける舞台「怖い絵」が2022年3月に東京・大阪にて上演。

  • コロナ禍のストレスが原因? 逆流性食道炎で熟睡できない日々を鈴木おさむが告白

    コロナ禍のストレスが原因? 逆流性食道炎で熟睡できない日々を鈴木おさむが告白

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、この半年での体調の変化について告白。コロナ禍という環境の変化によるストレスが影響している

    dot.

    2/18

  • 「お前なんて森喜朗と一緒だよ―――!」 妻の怒りの言葉のパンチに鈴木おさむは?

    「お前なんて森喜朗と一緒だよ―――!」 妻の怒りの言葉のパンチに鈴木おさむは?

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、森喜朗氏の失言問題について。*  *  * 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員

    dot.

    2/11

  • 「Clubhouse」の大流行はポケモンGOと似てる? 鈴木おさむが波に乗らないで得た納得感

    「Clubhouse」の大流行はポケモンGOと似てる? 鈴木おさむが波に乗らないで得た納得感

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、急に流行り始めた、あの音声SNSにまつわる話です。*   

    dot.

    2/4

  • 東京五輪・パラ「絶対にやる」の怪しさ 国民感情見て見ぬフリでは導けない 鈴木おさむ

    東京五輪・パラ「絶対にやる」の怪しさ 国民感情見て見ぬフリでは導けない 鈴木おさむ

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、東京オリンピック・パラリンピックの開催について。世間で消極的な意見が多くを占める中、IO

    dot.

    1/28

  • 「進撃の巨人、やばい」 2、3巻で読むのをやめた昔の自分に説教したい!鈴木おさむ

    「進撃の巨人、やばい」 2、3巻で読むのをやめた昔の自分に説教したい!鈴木おさむ

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、緊急事態宣言中の不安な気持ちを振り切るような、ある漫画を紹介します。*  &n

    dot.

    1/21

  • なに調べてるんだ!!4歳児の音声検索履歴に「しずかちゃんのおふろ」 息子が平仮名を覚えたい理由 鈴木おさむ

    なに調べてるんだ!!4歳児の音声検索履歴に「しずかちゃんのおふろ」 息子が平仮名を覚えたい理由 鈴木おさむ

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、人間を成長させる欲について。*    *  * 売れない芸

    dot.

    1/14

  • 「2016年の週刊文春」の金言と「スラムダンク」の名言に学ぶ2021年 鈴木おさむ

    「2016年の週刊文春」の金言と「スラムダンク」の名言に学ぶ2021年 鈴木おさむ

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、年末に読んだ一冊の本について。期待をいい意味で裏切る内容だったという。* &n

    dot.

    1/7

  • 炎上から7年、キンコン西野に対する心の棘は? 鈴木おさむが今の気持ちを明かす

    炎上から7年、キンコン西野に対する心の棘は? 鈴木おさむが今の気持ちを明かす

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、7年前に炎上騒動があったキングコングの西野亮廣さんとの関係について。最近、心境の変化があ

    dot.

    12/31

  • 王者「マヂカル」は死の淵から這い上がった M-1がテレビ最強コンテンツである理由 鈴木おさむ

    王者「マヂカル」は死の淵から這い上がった M-1がテレビ最強コンテンツである理由 鈴木おさむ

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、M-1グランプリについて。*  *  * M-1グランプリ2020はマヂカルラブリーが優

    dot.

    12/24

  • 「カメ止め」大ヒットの奇跡が再び? 鈴木おさむが見てほしい映画「ミセス・ノイズィ」

    「カメ止め」大ヒットの奇跡が再び? 鈴木おさむが見てほしい映画「ミセス・ノイズィ」

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、12月4日に公開となった映画「ミセス・ノイズィ」について。*    

    dot.

    12/17

3 4 5 6 7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す