(4ページ目)竹増貞信〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹増貞信

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹増貞信

竹増貞信

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

  • 竹増貞信「子育てを応援する企業を応援しています」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、50歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  *「子どもは小学校に上がるころまでに親孝行は終わっている」と以前、先輩から伺ったことがあります。そのくらい充実していて楽しい時間だ、と。 最近、男性...

  • 竹増貞信「食べる場面の想像が商品開発のひらめきに」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、50歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 商品を開発するときに、お客さまが商品を召し上がったり使ったりするシチュエーションを想像することを大事にしています。食べる場所が外か自宅かによって...

  • 竹増貞信「生き生きと働くために勉強は欠かせません」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、50歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 米Googleが研究中の量子コンピューターを使えば、現在のスーパーコンピューターで1万年かかる計算が200秒でできると発表され、ビッグデータの解...

  • 竹増貞信「ラグビーW杯から学んだ一分一秒の積み重ね」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、50歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  *「番狂わせ」という言葉があります。スポーツの現場では、予想外の結果が醍醐味となるものです。私たちビジネスの現場でも、思ってもみなかった商品が爆発的...

  • 竹増貞信「農家の若手との取り組み 盛り上がってきました」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、50歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 四季の楽しみ方の一つに、「食」があります。ローソンでも、お客さまに旬の食材を楽しんでいただきたいと、さまざまな商品を開発してきました。 10月末...

おすすめの記事おすすめの記事