小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。共著『足をどかしてくれませんか。』が発売中

  • 小島慶子「スポーツは命の輝きそのもの 大坂なおみ選手の姿に勇気をもらった」

    小島慶子「スポーツは命の輝きそのもの 大坂なおみ選手の姿に勇気をもらった」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    3/6

  • 小島慶子「さよなら義理チョコ 来年こそはジェンダー不平等の慣習は終わりに」

    小島慶子「さよなら義理チョコ 来年こそはジェンダー不平等の慣習は終わりに」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    2/27

  • 小島慶子「『森さん』的なものに引導を渡すのはこれから」

    小島慶子「『森さん』的なものに引導を渡すのはこれから」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    2/20

  • 小島慶子「音声SNS『クラブハウス』 リスクと開かれた対話の可能性」

    小島慶子「音声SNS『クラブハウス』 リスクと開かれた対話の可能性」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    2/13

  • 小島慶子「クオータ制は『下駄』でも『差別』でも『甘え』でもない」

    小島慶子「クオータ制は『下駄』でも『差別』でも『甘え』でもない」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    2/6

  • 小島慶子「22歳の詩人ゴーマンさんの朗読は希望の光 女性『初』ではない未来の就任式へ」

    小島慶子「22歳の詩人ゴーマンさんの朗読は希望の光 女性『初』ではない未来の就任式へ」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    1/30

  • 小島慶子「“くたばれ正論”で人は殺されてきた きれいごとや正論を嗤わないで」

    小島慶子「“くたばれ正論”で人は殺されてきた きれいごとや正論を嗤わないで」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    1/23

  • 小島慶子「ウイルスに人の都合は通用しない 国や自治体は現実見据えて対策してほしい」

    小島慶子「ウイルスに人の都合は通用しない 国や自治体は現実見据えて対策してほしい」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    1/16

  • 小島慶子「様変わりしても家族を身近に感じた年末年始 あなたは何を話しましたか」

    小島慶子「様変わりしても家族を身近に感じた年末年始 あなたは何を話しましたか」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    1/9

  • 小島慶子「人生とは『片付けの修行』 子育てと父のエンディングノートに学んだこと」

    小島慶子「人生とは『片付けの修行』 子育てと父のエンディングノートに学んだこと」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    12/26

2 3 4 5 6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す