内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • 内田樹「トランプ敗北は米民主制が機能していることの証明かもしれない」

    内田樹「トランプ敗北は米民主制が機能していることの証明かもしれない」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 米大統領選が終わった。トランプ大統領は開票の不正を訴え、負けを認め

    AERA

    11/18

  • 内田樹「学術会議について菅首相はこれからも支離滅裂なことを言い続けるだろう」

    内田樹「学術会議について菅首相はこれからも支離滅裂なことを言い続けるだろう」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 日本学術会議の新会員任命拒否をめぐって首相の発言が迷走している。任

    AERA

    11/4

  • 内田樹「日本学術会議問題は『大学人』=『学者』の認識違いに始まる」

    内田樹「日本学術会議問題は『大学人』=『学者』の認識違いに始まる」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 日本学術会議の会員任命拒否に対して多くの学会が一斉に抗議の声を上げ

    AERA

    10/21

  • 内田樹「アメリカ大統領選の討論“罵り合い”に見る、文明と野蛮」

    内田樹「アメリカ大統領選の討論“罵り合い”に見る、文明と野蛮」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * アメリカ大統領選の二人の候補者の討論を観た。ほとんど「罵り合い」に

    AERA

    10/7

  • 内田樹「名刀を手にして思う 伝統工芸・芸能の継承には『旦那』が必要だ」

    内田樹「名刀を手にして思う 伝統工芸・芸能の継承には『旦那』が必要だ」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 刀を手に入れた。居合の稽古用に真剣は一振り持っている。江戸時代の備

    AERA

    9/23

  • 内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」

    内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 政治家たちの話を聴いていたら、他人に屈辱感を与える技術に卓越した人

    AERA

    9/9

  • 内田樹「なぜ中国は国際社会に恐怖と不信を喚起することを優先したのか」

    内田樹「なぜ中国は国際社会に恐怖と不信を喚起することを優先したのか」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 香港警察が国家安全法違反の疑いで周庭氏ら民主派活動家たちを逮捕した

    AERA

    8/26

  • 内田樹「コロナ禍で進む都市離れ 『ニッチをずらす生き方』が生存戦略の鍵だ」

    内田樹「コロナ禍で進む都市離れ 『ニッチをずらす生き方』が生存戦略の鍵だ」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * コロナの影響で、東京のオフィスビルの空室率が上昇しているという記事

    AERA

    8/5

  • 内田樹「米国のコロナ感染地図は150年前南北対立の残存を浮かび上がらせた」

    内田樹「米国のコロナ感染地図は150年前南北対立の残存を浮かび上がらせた」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 米国での感染拡大が止まらない。テキサス、ミシシッピ、ルイジアナ、フ

    AERA

    7/22

  • 内田樹「南北統一の夢を描いた『愛の不時着』は歴史的貢献に値する」

    内田樹「南北統一の夢を描いた『愛の不時着』は歴史的貢献に値する」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 3年前に凱風館門人で済州島の地域研究者である伊地知紀子先生に就いて

    AERA

    7/8

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す