平昌五輪特集

AERA dot.

竹増貞信

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹増貞信

竹増貞信

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

  • NEW

    竹増貞信「データを制する国が世界を制する」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、47歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 1月下旬に、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に出席しました。世界中から集まった経済、政治のキーパーソンたちが、そこかしこで議論をしてい...

  • 竹増貞信「イノベーションは一人一人の行動から」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、47歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  *「イノベーション」すなわち「革新」。経済学者のヨゼフ・シュンペーターによれば、「イノベーションによる創造的破壊こそが資本主義経済の本質」です。 で...

  • 竹増貞信「トラブル対応は『社会の常識で』」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、47歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * みなさんは、仕事上のトラブルにどう対処していますか。その対応次第で、結果は大きく変わります。誤れば、自分のみならず会社全体の信用を失墜させる事態...

  • 竹増貞信「英語で話す時は『シンプル』が肝心」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、47歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 企業のグローバル化が進むいま、ビジネスで英語を使うことは当たり前になっています。正直に言うと、私は決して英語が得意ではありません。でも、流暢な英...

  • 竹増貞信「いまも胸に刻む上司の言葉」<コンビニ百里の道をゆく>

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、47歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * みなさんには、心に残る「上司の言葉」がありますか。私は、三菱商事入社3年目に当時の上司に言われた言葉を、いまも深く胸に刻んでいます。 畜産部で牛...