鈴木おさむ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木おさむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

  • NEW

    アジア発アイドル「BTS」は驚きだらけ!? 鈴木おさむが体感

    1970年生まれの団ジュニたちへ 週刊朝日

     放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「BTS」について。*  *  * 韓国のアイドルグループ「BTS」の世界ツアーのファイナルとなる、韓国でのライブに行かせていただきました。ライブは初めて。ソウルのスタジアムで行われました。今やBTSといえば、...

  • 鈴木おさむ わざわざ「ヒゲダン」のCDを買った理由とは?

    1970年生まれの団ジュニたちへ 週刊朝日

     放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)」について。*  *  * 80年代、90年代、名作ドラマの名シーンが浮かぶときは同時に主題歌が浮かぶ。「男女7人夏物語」といえば石井明美の「CHA...

  • 「なぜガラケーを使うのか」 鈴木おさむ、“最大の答え”を見つける

    1970年生まれの団ジュニたちへ 週刊朝日

     放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「物忘れの気まずさを解消するルール」について。*  *  * 全国のいまだこっそり使い続けているガラケーユーザーのみなさま。ここ数年、ガラケーを開くことにちょっと恥じらいを感じながら使用しているかもしれませんが...

  • 偉い人が物忘れ…気まずさを解消するルールとは? 鈴木おさむが提案

    1970年生まれの団ジュニたちへ 週刊朝日

     放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「物忘れの気まずさを解消するルール」について。*  *  * 今日は大人の社会で役立つであろうルールを提案したい。45歳過ぎて、物忘れがひどくなってきたことは以前書いた。人と話していて、映像は頭にあるのに名前が...

  • 鈴木おさむ、息子の指を車のドアで挟み…日常にある危機

    1970年生まれの団ジュニたちへ 週刊朝日

     放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「子供にとっての危険」について。*  *  * このことをここに書くことで、同じような事故を防ぐことができるかもと思って書きます。 先日、二子玉川(東京都世田谷区)で花火大会があり、僕と妻と4歳の息子と、お隣さ...

おすすめの記事おすすめの記事