第3回 「改革」を阻む「凡庸」

2014/08/05 11:00

 世界の冷戦構造と日本のバブル景気が崩壊してから既に四半世紀。この間に、日本の経済成長力は大幅に低下、「世界最大の黒字」だった貿易収支も今や赤字になった。日本が世界経済(総生産)に占める比率は15%から8%に低下、もはや「経済大国」とはいえない有り様だ。その上、財政は猛烈な赤字、消費税の引き上げでも解決の目途は立たない。

あわせて読みたい

  • 第12回 「60年安保闘争」 ―戦後体制への異議申し立て

    第12回 「60年安保闘争」 ―戦後体制への異議申し立て

    週刊朝日

    10/7

    第30回 戦後官僚主導体制は何を作ったのか

    第30回 戦後官僚主導体制は何を作ったのか

    週刊朝日

    11/6

  • 第2回 素晴らしかった小渕内閣

    第2回 素晴らしかった小渕内閣

    週刊朝日

    7/29

    田原総一朗「小渕経産相辞任で火がついた『政治とカネ』国会への違和感」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「小渕経産相辞任で火がついた『政治とカネ』国会への違和感」

    週刊朝日

    11/5

  • 古賀茂明「小さな改革を大きく見せる菅改革」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「小さな改革を大きく見せる菅改革」

    週刊朝日

    10/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す