神頼み、500円。 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

神頼み、500円。

文・内藤みか

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 何度オーディ ションを受けてもあと1歩のところで落ちるため、もう神様にでもなんでもすがりたいと悩む俳優志望の23歳のイケメンくんに付き添い、入谷の小野照崎神社にお参りした。
 この神社には「渥美清さんが『一生タバコを吸いませんから仕事をください』と願って帰宅した直後、男はつらいよの寅さんを依頼する電話がかかってきた」という伝説がある。この話が真実かどうかは諸説分かれるようだけれど、彼は本気で信じているようで、神社の本殿を前にして、ガチガチに緊張していた。

 伝説では、自分が大好きなものを断つと、仕事をいただけるということになっているのだけれど、彼はタバコを吸わない。特に愛飲愛食しているものもない。それで何分も「いったい何をやめればいいんだ!」と苦しみだした。

 彼は結局さよならするものを決めることができず、また後日出直してくることになった。けれど、せっかくなので、付き添いの私だけがお参りをし、お賽銭500円を投じた。素敵なお仕事がいただけるのなら、毎朝欠かせないコーヒーを断ちます、と神前に誓う。そんな私を彼はうらやましそうに見つめていた。

 彼と別れ、私は観劇に向かった。少し遅刻してしまい、劇はすでに始まっていた。そして私の席にはなぜなのか、誰かセミロングの髪の女性が座っている。そしてさらになぜなのか私を案内してくれた劇場係員は「こちらですよ」と本来の席ではなく奥のほうへと私を連れていった。

 幕間に見ると、やはり私はチケットとは違う位置に座っていた。そして私の席には誰かがいるようだが、女性物のカバンを残しお手洗いかどこかに消えている。係員に尋ねると「変ですねえ」と首をひねる。そして上演時間が迫っているのに私の席に人は戻ってこない。

 どうにも気味が悪くなり、私は劇場をあとにした。何だか帰れと言われている気がしたからだ。そしてふっと頭に浮かんだのは「お参りを終えて自宅に戻った渥美清さんに仕事のオファーがあったこと」だった。

 もしや......と期待したけれど、今の時点では特に何もない。でも伝説のおかげで「もしかしたら明日はいいことがあるかも」と考えられるようになった。未来を楽しみにする気持ち。もしかしたらこのワクワク感こそが運を呼ぶのかもしれない。


(更新 2011/10/20 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

内藤みか(ないとう・みか)

 小説家、エッセイスト。山梨県出身。デビュー当時「ケータイ小説の女王」の異名をとリ、現在も電子書籍サイトのダウンロードランキング常連。「年下男恋愛」「イケメン」についてのコンテンツを作り続け、「イケメン評論家」としても活動。近年はイケメン恋愛ゲームのシナリオや、芝居の脚本も手がけるように。『夢をかなえるツイッター』などSNSに関する著作も。近著に『誰も教えてくれない Facebook & Twitter 100のルール』。twitterアカウントは @micanaitoh

あわせて読みたい あわせて読みたい