試写会、0円。 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

試写会、0円。

文・内藤みか

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、チラシに目が止まった。イサムノグチの母を描いた映画「レオニー」が公開されると知った。私は子連れで北海道や高松のイサムノグチ作品を観に行くほどのファン。早速ツイッターで「この映画を観に行きたい!」とつぶやいた。

 翌日。誰かが私のツイッターのフォロワーになっていた。名前を見て仰天した。その映画を撮った松井久子監督だったからだ。フォローの御礼メールをお送りすると、なんと試写会にお招きいただけた。

 映画には胸をえぐられるようなシーンが続いていた。言葉もわからない日本で、シングルマザーとして日本人との子を必死で育てるレオニー。彼女に周囲が浴びせるのは「国に帰ればいいのに」などの冷たい言葉。それでも子どもの才能を守りながら前向きに生きる彼女に涙がおさえきれなかった。

 私も女手ひとつで数学が得意な男の子を育てているので、『子どもを育てるということ』の偉大さを描く映画のメッセージがダイレクトに伝わってきて、胸が震えた。なので、上演終了後、思いがけずお茶に誘ってくださった監督に「どうしてシングルマザーに焦点を当てたのですか」とズバリ尋ねてしまった。そして私はそこで松井監督自身もまたシングルマザーだったことを知った。

 監督は以前、まだそれほど話題となってなかったアルツハイマーを取りあげた映画「ユキエ」を作った。そのテーマがクローズアップされるであろうと感じたからだという。そして事実そうなった。

 監督がイサムノグチの母、レオニーを描いたのは、強く逞しく異国で生き抜くシングルマザーという流れの源流を彼女の人生に感じたからかもしれない。実際、最近はハワイなどに子連れで移住したりやカナダに子どもを留学させるシングルマザーも出てきている。レオニーのように国境を軽々と越えてシングルマザーが活動する日はすぐ近くまで来ているのかもしれない。

 映画の感激を、シングルマザーのためのNPO法人を運営する友人・新川てるえさんに話すと、映画を応援したいと言い、監督のご厚意もありあっというまにシングルマザー限定試写会が実現した。普段映画になかなか親しめないシングルマザーにこそ、この映画を見てもらいたい。

<シングルマザー限定試写会ご案内>

「レオニー」公式サイト

私のツイッターでのつぶやき


(更新 2010/10/ 7 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

内藤みか(ないとう・みか)

 小説家、エッセイスト。山梨県出身。デビュー当時「ケータイ小説の女王」の異名をとリ、現在も電子書籍サイトのダウンロードランキング常連。「年下男恋愛」「イケメン」についてのコンテンツを作り続け、「イケメン評論家」としても活動。近年はイケメン恋愛ゲームのシナリオや、芝居の脚本も手がけるように。『夢をかなえるツイッター』などSNSに関する著作も。近著に『誰も教えてくれない Facebook & Twitter 100のルール』。twitterアカウントは @micanaitoh

あわせて読みたい あわせて読みたい