応援、ゼロ円。 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

応援、ゼロ円。

文・内藤みか

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私の新刊エッセイ「イケメンと恋ができる38のルール」が発売になった。 今までありそうでなかったイケメンの取扱説明と恋愛ノウハウが詰まった本だ。イケメンの写真集はたくさんあれど、イケメンの取り扱いに関する本は、皆無に等しい気がするので私が企画したのだ。

 イケメンには、普通の恋愛ノウハウは効かない。あれは一般男子用のものだから、イケメンにはピンとこないのだ。

 たとえば恋にジラしは必要だというけれど、イケメンはジラされたらスネて他の女性のところに行ってしまう。イケメンには代わりの女はいっぱいいるのだ。過去、ジラし作戦に出て、悲惨なことになった女性は私だけではないだろう。

 イケメンにはイケメンなりのルールがあるのだから、それをきちんと本にしたかった。この本の存在を少しでも多くの人に伝えたくて、発売前夜に私はブログマラソンを試みた。
 1時間に1本ずつ記事を投稿していくというもので、ブロガーの間ではイベントのひとつとして行われることが多いが私は初チャレンジだ。
 ひとりで静かに挑戦していたのだけれど、パワーブロガー養成講座を主宰している田渕さんに見つかり、彼のブログで大々的に宣伝されると、またたくまに20人以上ものブログで私への応援記事が出た。
 同時期同時刻に私の書籍タイトルがあちこちで出現している。この広告宣伝効果は、はかりしれない。

 ブロガーさんは無料で原稿を書いてくれる。そして見返りも求めない。それどころか「応援しています」「パワーを送ります」などと温かい言葉をかけてくれる。
 この感覚は本物のマラソンと同じだった。路上を走っていると道中で見知らぬ人たちが「がんばれ」「あと少し」などと声をかけてくれる。どうして見知らぬ私に、と思うのだけど、向こうもとても楽しそうに応援してくれていて、私は普段以上に良く走ることができたのだった。

 今回のブログマラソンでも、知人だけでなく、ネット上ですら面識がないかたが何人も応援してくれた。なんと言葉にしたらいいかわからない感動がそこにあった。

 人を無償で応援し、それを自分の歓びにすることができる清い魂の人たちが、この世には大勢いる。その有り難さを実感した私は、これから今まで以上に仕事を頑張れそうな気がする。


イケメン本を応援してくれたブログのリストはこちら。


(更新 2009/6/25 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

内藤みか(ないとう・みか)

 小説家、エッセイスト。山梨県出身。デビュー当時「ケータイ小説の女王」の異名をとリ、現在も電子書籍サイトのダウンロードランキング常連。「年下男恋愛」「イケメン」についてのコンテンツを作り続け、「イケメン評論家」としても活動。近年はイケメン恋愛ゲームのシナリオや、芝居の脚本も手がけるように。『夢をかなえるツイッター』などSNSに関する著作も。近著に『誰も教えてくれない Facebook & Twitter 100のルール』。twitterアカウントは @micanaitoh

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい