第1167回 元気なアレックスが突然、天国に 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1167回 元気なアレックスが突然、天国に

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10年前に、ショッピングモールのペットショップで、生後2カ月のジャックラッセルテリアの赤ちゃんに出会いました。
 小さくてドングリ眼の小生意気な男の子。可愛くて可愛くて、どうしても家に連れて帰りたくなり、妻とその場で相談して、出会って10分でうちのコに迎えました。
 彼、アレックス君(写真)はとてもやんちゃで、興奮すると家の中を全力疾走し、ドアや壁に衝突する「ひとり大運動会」。
 もともとは猟犬なので、散歩中にノラ猫に出会えばいつも喧嘩。爪で鼻に穴を開けられ、顔中血だらけにされてしまったこともありました。アレックスは悔しくてワンワン吠えたね。
 雑木林ではもぐらの穴をどんどん掘って、泥で全身が真っ黒に。毎日シャンプーするわけにもいかないので、外に出る時は洋服を着ることになりました。洋服のコレクションは50着以上。私よりも衣装持ちです。
 お散歩は朝、昼、夕、寝る前の4回、1日計約4時間です。雪の日でも、どしゃ降りでも、台風の時でも、そんなの関係ない!と、妻か私と一緒に散歩しました。
 食べることも、遊ぶことも、甘えることも手抜きなし。アレックスはいつも全力疾走、一生懸命でした。
 ところが去年の10月25日、夜の散歩中、アレックスは急に方向転換して家に向かって歩きだしました。そして突然足がもつれ、倒れ込んでしまいました。
 慌てて抱っこして自宅に戻りましたが、舌が口から伸びてしまっていて、もうどうにもならない状態でした。脾臓に小さな腫瘍ができて、それが破裂したらしく、結局、アレックスは大好きな妻に抱かれて天国に召されていきました。
 アレックス、よく頑張ったね。うちに来てくれてありがとう!

(中条雅敏さん 千葉県/56歳/会社員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2016/3/10 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい