第1132回 野生児「クロ」の武器は猫パンチ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1132回 野生児「クロ」の武器は猫パンチ

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 名前はクロ。真っ黒だけど、脚に焦げ茶のシマが少し入っている。
 17年前、夫が雨の日に拾ってきた。翌日、病院に連れていくと生後3カ月くらいと言われた。風邪なのか、鼻水、目やにがひっきりなしで、薬をもらい、世話をして元気になった。
 しかし、実をいうと元気というよりは野性的。すぐに爪を立てる、頭の上に飛び乗る。猫じゃなくヒョウの子かと思ったほどだ。
 ひっかかれ、かみつかれ、でもかわいくて。先代の猫に3カ月前に死なれたこともあり、元気いっぱい家中を飛びまわる姿がうれしかった。雌猫なのに、クロはとにかく気が強い。猫パンチで、近所の猫のお気に入りの場所を分捕る。やって来る猫はことごとく追っ払い、時には大ゲンカ。家の中より外が大好きで(写真)、ドアを開けるか開けないかの隙にポーンと飛び出し、庭を跳ねまわる。木登りや屋根の上も大好きだ。
 スズメやヒヨドリを捕まえ、ご丁寧にも家の中の自分の皿のわきに持ってきて食べる。それも家族が留守の間に。部屋の中をスズメがバタバタ飛びまわっていたこともある。食べようとして逃げられたらしい。
 小さい網戸は爪で開けることを覚え、夏の夜はいつもササッと屋根の上で涼んでいる。
 4年前、どこかで大ケガをして深夜に帰ってきた。両脚が動かなくなっていたが、どうやって帰ってきたのか。朝一番で病院に連れていき、即入院。交通事故らしく、骨折と打撲などを負っていた。
 5日後に家に戻って、寝たきり状態が数日。でも、元気にまた歩き、やがて走り、元通り屋根や木に登ったり、スズメを捕ったりもできるようになった。
 17歳だが、まだまだ元気で、子猫のようにあちこち飛びまわっている。

(斎藤友子さん 埼玉県/64歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2015/7/ 2 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい