第1077回 遊び盛りの「小春坊主」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1077回 遊び盛りの「小春坊主」

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 わが家の次女は、ウェルシュコーギーの小春(写真)です。同じくコーギーの雌・ララが、一昨年夏に13歳で天国に旅立った後、2代目としてやって来ました。
 ララが亡くなってしばらくは喪に服していた私ですが、再び犬を飼いたくなりました。妻と長女の冷たい視線を受けながら奮闘した末、昨年の5月、ようやく念願の小春を家に迎えることに成功したのです。
 ペットショップで初めて対面したとき、生後2カ月弱の小春は何ともワルそうな顔つきでした(それは店の人も認めていました)。しかし、元気そのものなので、子犬ならこれくらいやんちゃなほうがいいと思い、この子に決めたのです。
 家に連れてきて数時間はおとなしかったのですが、少し慣れるともう大変。サークルの中を所狭しと駆けずり回るわ、ウンチ・オシッコはその辺にし放題だわ、トイレシートはかじってビリビリにするわ……。
 散歩デビューしたのはいいけれど、むやみにリードを引っ張り主人を翻弄する、遊んであげようとすれば手足にガブガブ噛みつくという具合で、女の子というより遊び盛りのやんちゃ坊主といったところです。
 そんな小春ですが、昼間は独りぼっちでお利口にお留守番をしている様子です。また、毎朝私が散歩に連れていこうとサークルに近付くと、すでにお座りして大きな耳をピンと立てて待っている姿が可愛い。
 話しかければ「うん」と返事をしているような表情をするし、言っていることがわからなければ、首をかしげて「?」という顔をするのです。すやすやと寝ているときの顔はまるで天使のよう。仕事の疲れも吹っ飛んでしまいます。
 一日も早く「小春坊主」が「小春さん」になってくれることを期待している今日このごろです。

(中谷泰さん 大阪府/51歳/公務員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2014/5/29 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい