第1059回 店で一目ぼれしたノエル |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1059回 店で一目ぼれしたノエル

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 初めて飼ったヨークシャーテリアがこの世を去ってから、もう犬は飼わないと決めていた。しかし、ふらりと立ち寄ったペットショップで、一緒にいた夫にではなく、私に抱きついてきたこの子(ノエル、13歳、雄、写真)に会った途端、その決心は崩れた。
 生後6カ月になってもまだ売れ残っていたというのも、飼う気持ちを後押ししたのかもしれない。
 初めてわが家に来たときには全身で喜びを表し、爪で引っ掻くわ、脚で蹴るわで少々狂暴だった。床に下ろした途端、リビングに猛ダッシュし、座っていた娘の顔めがけて飛びついた。
 長い間ペットショップにいたせいか、人に抱っこされることに慣れておらず、甘えることも下手だった。
 それでも可愛くて可愛くて、毎日惜しみなく愛情をかけていたら、お利口で人好きな犬に育った。
 散歩していても、犬ではなく、飼い主さんのほうに寄っていく。それも、中年のおじ様が一番好きらしい。若い頃は2時間以上もスタスタと歩き、よく散歩した。
 ふだんは抱っこをされるのが大嫌いで嫌がるくせに、花火や雷などの大きい音を聞いた途端に怖がり、ものすごい勢いで抱っこをせがんできた。抱っこするとぶるぶる震え、爪を立てて肩によじ登ろうとするので、腕に引っ掻き傷がたくさんついたものだ。
 しかし、そんなノエルもおじいちゃんになって耳も遠くなり、鼻も鈍感になってしまった。最近では寝ていることが多くなり、昔はあれだけ歩いた散歩も近所をチョロチョロ歩くだけだ。
 段差も越えられなくなったため、庭のトイレに行くときには私たちにおとなしく抱っこされるようになった。あれだけ抱っこを嫌がっていたのに、チャッカリしているなと思うが、可愛いので憎めないのである。

(藤巻領子さん 東京都/65歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2014/1/16 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい