第1048回 夫亡き後、癒やしてくれた小大郎

2013/10/24 13:21

 子どものころから犬が飼いたくてたまらなかった夫。だけど、ずっと借家暮らしだったので、親には言いだせなかったそう。
 私と結婚してからも生活に追われ、なかなか飼えませんでした。そして子どもたちが独立したころに、やっと念願の柴犬を飼うことができました。
 名前は小大郎(こたろう)。夫婦共に初めて犬を飼うので、その小大郎(雄、10歳、写真)を“犬”可愛がりに甘やかして躾らしい躾もせず、屋外で飼うつもりだったのに屋内で寝起きを共にしています。
 小大郎は生来、性格が穏やかで人好きで、自分のことを犬だとは思っていない様子。めったに吠えず全く番犬にはなりませんが、私たちは息子がもう一人増えたように思っていました。
 昨年、夫が急逝しました。突然のことで寂しさと心細さで気が狂いそうな私の傍らに、いつも寄り添って心を癒やしてくれたのが小大郎でした。
 夫が亡くなった当初はあまり人に会いたくなくて、どうかすると引きこもりがちになっていました。しかし、小大郎は排泄を外でしかしないので、雨が降ろうが嵐が来ようが、どうしても朝晩の散歩に出なければなりません。そのおかげで、たくさんの犬友達と言葉を交わすことになり、寂しさを紛らわせることができました。
 小大郎は私の言葉をだいたい理解しているようで、いつもスーパーに買い物に行くときは連れていって車内で待たせるのですが、暑い夏だけは「おうちで留守番だよ」と言えば、お利口に待っていてくれます。
 また、テレビドラマなどを見て涙ぐんでいると、心配そうに、まるで「大丈夫?」という感じで見つめてくれます。
 今は、小大郎の最期を看取るために、元気に暮らしていこうと思うばかりです。

あわせて読みたい

  • 第1239回 頭突きで起こしてくれるトラ

    第1239回 頭突きで起こしてくれるトラ

    週刊朝日

    8/24

    第1173回 娘の命日にやって来たそら

    第1173回 娘の命日にやって来たそら

    週刊朝日

    4/21

  • 第1313回 母を唯一看取ってくれた もも

    第1313回 母を唯一看取ってくれた もも

    週刊朝日

    2/22

    第1244回 のんびりしている「線香花火」

    第1244回 のんびりしている「線香花火」

    週刊朝日

    9/28

  • 人を思いやれる愛犬・花ちゃん 飼い主「活気と癒やしと潤いのある生活に」

    人を思いやれる愛犬・花ちゃん 飼い主「活気と癒やしと潤いのある生活に」

    週刊朝日

    5/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す