第1036回 父が生まれ変わって来てくれた

2013/07/25 12:31

 うちには9歳のキャバリアのフェルゼン(写真奥)と、同じく9歳のチワワのヒカル(同手前)がいる。どちらもオスで、すこぶる仲がいい。
 特にヒカルはフェルゼンが大好きで、散歩中などに他のワンコがフェルゼンに近寄るとヤキモチをやき、せっせと世話をやく。まるで夫婦のようだ。
 私の父が亡くなったのは今から10年以上前。私はまだ子供の産める年だったので、生まれ変わるのなら、私のところに来てほしいと願った。
 そこまで思い詰めるほど父離れができていなかった訳ではない。そういう気持ちになったのは、当時何かと心配事を抱えていたせいかとも思う。しかし願いはかなわず、父親が亡くなるとすぐに、私は早々と閉経してしまった。
 その後、市内のペット飼育可のマンションに移り住んだのと同時に、生まれて初めてペットとして家に迎えたのがフェルゼン。
 最初は違う名前にしたが、思い直して血統書に書いてあるのをそのままもらった。
 彼の母親はマリー。かの人気漫画“ベルばら”がらみ(?)で、彼の名前はマリー・アントワネットの愛人の名前からきている。
 やがて、一匹だけだといやにおとなしいのが心配で、もう一匹ワンコを迎えた。愛敬もたっぷりで可愛いチワワ。光源氏のヒカルだ。
 それから早くも9年が過ぎた。子供を抱けなかった自分に、抱っこする気分を味わわせてくれた愛するワンコたち。
 ある日、ふとフェルゼンの顔を見て思った。
 亡くなった父に顔が似ている──。
 父は戌年生まれ。人間の子供じゃなく、犬に生まれ変わり、うちに来てくれたのか? そして、私を見守ってくれてるの?
 勝手にそう思っている。

あわせて読みたい

  • 愛犬がインスタでも大人気! 愛犬家タレント「戌年の抱負」

    愛犬がインスタでも大人気! 愛犬家タレント「戌年の抱負」

    週刊朝日

    1/4

    第1264回 静かな余生を送るはずだったのに…

    第1264回 静かな余生を送るはずだったのに…

    週刊朝日

    2/22

  • チワワ界の和田アキ子 他の犬に興奮して飼い主が“フン害”?

    チワワ界の和田アキ子 他の犬に興奮して飼い主が“フン害”?

    週刊朝日

    6/8

    第1098回 絵バカ夫を犬バカにしたロシェ君

    第1098回 絵バカ夫を犬バカにしたロシェ君

    週刊朝日

    10/23

  • 第1289回 ピアノやフルートの旋律に「ワオーン」

    第1289回 ピアノやフルートの旋律に「ワオーン」

    週刊朝日

    8/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す