第1036回 父が生まれ変わって来てくれた 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1036回 父が生まれ変わって来てくれた

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 うちには9歳のキャバリアのフェルゼン(写真奥)と、同じく9歳のチワワのヒカル(同手前)がいる。どちらもオスで、すこぶる仲がいい。
 特にヒカルはフェルゼンが大好きで、散歩中などに他のワンコがフェルゼンに近寄るとヤキモチをやき、せっせと世話をやく。まるで夫婦のようだ。
 私の父が亡くなったのは今から10年以上前。私はまだ子供の産める年だったので、生まれ変わるのなら、私のところに来てほしいと願った。
 そこまで思い詰めるほど父離れができていなかった訳ではない。そういう気持ちになったのは、当時何かと心配事を抱えていたせいかとも思う。しかし願いはかなわず、父親が亡くなるとすぐに、私は早々と閉経してしまった。
 その後、市内のペット飼育可のマンションに移り住んだのと同時に、生まれて初めてペットとして家に迎えたのがフェルゼン。
 最初は違う名前にしたが、思い直して血統書に書いてあるのをそのままもらった。
 彼の母親はマリー。かの人気漫画“ベルばら”がらみ(?)で、彼の名前はマリー・アントワネットの愛人の名前からきている。
 やがて、一匹だけだといやにおとなしいのが心配で、もう一匹ワンコを迎えた。愛敬もたっぷりで可愛いチワワ。光源氏のヒカルだ。
 それから早くも9年が過ぎた。子供を抱けなかった自分に、抱っこする気分を味わわせてくれた愛するワンコたち。
 ある日、ふとフェルゼンの顔を見て思った。
 亡くなった父に顔が似ている──。
 父は戌年生まれ。人間の子供じゃなく、犬に生まれ変わり、うちに来てくれたのか? そして、私を見守ってくれてるの?
 勝手にそう思っている。

(岡崎真矢子さん 大阪府/54歳/自営業)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2013/7/25 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい