第1032回 パグ脳炎のチャイ、長生きしてね |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1032回 パグ脳炎のチャイ、長生きしてね

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャイ(写真、雌)は4歳。わが家で3代目のパグ犬である。3年前に大型スーパーのペットショップで、バレンタインセールとして特価になっていた。
 3週間ほど後に行くとまだ売れ残っており、値段も下がっていた。このまま日がたつとどうなるのか心配になり、その場で購入した。すでに生後7カ月で、成犬に近かった。
 わが家には他にスタンダードプードルが2頭いるので、チャイは彼らとじゃれ合って生活してきた。
 この2月、チャイの右脚がもつれて様子がおかしくなった。近所の獣医さんに診てもらうと、捻挫かもしれないと薬をくれた。ところがその夜、チャイはよだれを流しながら軽い痙攣を起こした。体も冷たい。慌てて動物救急病院に入院させると、「パグ脳炎」の可能性があるからとMRI検査を勧められた。
 検査の結果は、やはりパグ脳炎だった。聞きなれない病名だが、パグに多く、脳が壊死していくので完治はしない。進行を薬で止める努力をするだけである。
 発作で短命に終わる場合もあり、薬が合えば何年か生きることもあるという。
 脳が壊れるということは、徐々に運動機能や記憶がなくなっていくのだろうが、わが家ではいつも通りの生活をさせることに決めた。
 ただ、ベッドやソファに以前のように飛び乗れなくなったので、夜はケージで寝させる。徘徊して階段から落ちるといったことがあるかもしれないからだ。
 食欲は旺盛。お座りも、お手も覚えている。天気のいい日は庭で存分に遊んでいる。名前を呼ぶと一目散に戻ってくるので、記憶もあるようだ。痛みがあるわけではないので、当人は幸せなのかもしれない。
 先代のパグたちは、それぞれ15年の天寿を全うした。チャイも頑張ろう。

(大島愼子さん 東京都/64歳/大学教員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2013/6/27 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい