ミステリー作家・殊能将之氏の訃報に思う |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミステリー作家・殊能将之氏の訃報に思う

文・中島かずき

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

「論理のアクロバット」が好きです。
 今まで見ていた世界が、ラストでグルリと見え方が変わるような感覚を与えられるロジックの綱渡り。
 その感覚が欲しくてミステリを読んでいます。

 たとえばフレドリック・ブラウンの『叫べ、沈黙よ』。
「森で木が倒れるとき、すごい音がする。だが、誰も聞く者がないところで木が倒れてもそれは音がしたと言えるのか」という問いかけからこの短編は始まります。
 ある男の妻と使用人がコンクリートの燻製室に閉じこめられて死んだ。
 妻の弟は、男が二人が浮気していると思ってわざと閉じこめて殺したんだと言いはっている。
 ところが男は耳が聞こえなかったから、妻と使用人が閉じこめられていることに気づかなかったと言う。その言い分が公的には認められて、男は罪には問われなかった。
 扉の向こうで妻が必死で助けを求めている声も、耳の聞こえない男しか住んでいない家では、無音と同じだったのだ。
 ところがーーーーーーー。
 最後の一行で、この物語は意味がグルリと変わります。
 見事な切れ味の短編です。

 だから、ミステリでも、物理的なトリックはあまり興味がありません。
 一見不可能に見える密室ができていても、できているということは不可能ではなく可能だったと言うことです。その謎を解いたところで、結局そこにある世界の説明にすぎない。現実を論理が後付けするわけです。
 叙述トリックが好きなのは、そこまで読んできたことの意味がラストでひっくり返るからです。
 キレのいい叙述トリックだと、「○○だ」と思いこんでいた世界が実は「××のことだった」とわかる瞬間の快感はたまりません。「ああ、やられたなあ」と頭をゆさぶられるような感覚になる。論理が現実をひっくり返すのです。

 殊能将之氏の『ハサミ男』は、実によくできた作品でした。
 なんとなく不自然だった所が、最後の仕掛けがわかった瞬間に全て腑に落ちる。
 この本のおかげで、自分が叙述トリックが好きだということをはっきりと認識したくらいです。
 同時に殊能氏自身にも興味が沸きました。こんな物語を思いつくのは、いったいどんなプロフィールの人なんだろう。ところが完全な覆面作家で、そのへんのことがまったくわからない。
 氏のブログや、最近ではツイッターも覗いていたのですが、なかなか正体がつかめなかった。
『美濃牛』『黒い仏』、『鏡の中は日曜日』、『樒/榁』、『キマイラの新しい城』、それから氏の作品はずっと読んできました。
 どの作品も、殊能氏らしい一筋縄ではいかない感じはあるのですが、どこか本気を出していない感じがあった。
『ハサミ男』を書いた人なら、もっとすごい作品が書けるような気がする。それだけの知識と才能と頭のよさと人の悪さをもっている人のような気がする。
 ずっとそう思ってきました。
 しばらく作品を発表していなくて、どうしたんだろうと思っていたところに、彼の訃報が飛び込んできました。
 あっけにとられました。
 死因もなにもかも伏せられたままです。
 はっきりしているのは、彼の新作は二度と読めないということ。
 自分でも、この寡作な作家の急逝に、なぜこんなに喪失感があるのかわかりません。
 結局、彼のことは何一つわからないまま、消えて行ってしまったからでしょうか。
 ただただ、ご冥福をお祈りします。


(更新 2013/4/18 )


バックナンバー

コラム一覧

プロフィール

中島 かずき(なかしま・かずき)

 劇作家、脚本家。福岡県出身。1985年より劇団☆新感線の座付き作家に。「阿修羅城の瞳」「髑髏城の七人」などの物語性を重視したエンターテイメント時代活劇"いのうえ歌舞伎"を多く生み出す。「アテルイ」で第47回岸田國士戯曲賞受賞。コミック原作や、アニメ「天元突破グレンラガン」(07、09)脚本・シリーズ構成、「仮面ライダーフォーゼ」(11)メイン脚本など幅広く活躍。脚本を手がけた「真田十勇士」(演出:宮田慶子、主演:上川隆也)が8月から上演される

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい