リチャード・カーペンター、キャリア初のソロ・ピアノALから「遙かなる影」を先行配信

2021/10/19 13:08

リチャード・カーペンター、キャリア初のソロ・ピアノALから「遙かなる影」を先行配信
リチャード・カーペンター、キャリア初のソロ・ピアノALから「遙かなる影」を先行配信


 カーペンターズとして、妹のカレンと共に一世を風靡した作曲/編曲/キーボード奏者、リチャード・カーペンターのニュー・アルバム『ピアノ・ソングブック』から先行シングルとして「遙かなる影」の配信がスタートした。また、リチャード本人がこの曲やアレンジについて語っているフィーチャレット映像も公開された。
 1970年にリリースされ、カーペンターズ初のNo.1ヒット曲となった「遙かなる影」。オリジナルはスローなシャッフルのリズムに乗るカレンの優しい歌声が印象的なこの曲だが、本作でのアレンジはそれとは変わったものとなっている。
 また、アルバムのリリースが海外では2022年1月14日に延期となったため、10月22日にリリースされる日本盤が大幅な先行発売となることも決定した。さらに一部楽曲では海外盤とテイクが異なる日本盤独自のものが収録されているということもあり、日本のファンにとっては大きなプレゼントとなりそうだ。
 カレンの死後、2枚のソロ・アルバムをリリースしているリチャードだが、本作は1998年の『新たなる輝き~イエスタデイ・ワンス・モア』以来、実に23年振りとなる新作。カーペンターズの名曲の数々をリチャード自らのピアノで奏でた、キャリア初となるソロ・ピアノ・アルバムとなる。
 リチャードは本作について、「小さい頃から私は音楽を演奏していただけではなく、レコードにも親しんでいました。40年代後半から50年代にかけて、当時の大きなレーベルと言えばコロンビア、ビクター、デッカでした。そして大スターだったビング・クロスビーはデッカにいたのです!そのデッカから今回の企画を聞いたとき、まず頭に浮かんだのは私の父と母のことでした。そしてこの企画は、練習嫌いだった彼らの息子への最高のプレゼントだと思ったのです。カーペンターズの曲をソロ・ピアノで表現するのは難しい挑戦でしたが、ピアノという素晴らしい楽器にも助けられ、皆さんに楽しんでいただける内容になったのではと思っています」と語っている。
◎リリース情報
アルバム『ピアノ・ソングブック』
2021/10/22 RELEASE
UCCM-1266 / 2,860円(tax incl.)
https://RichardCarpenter.lnk.to/PianoPR

あわせて読みたい

  • 『10月15日はなんの日?』妹カレンの歌声を守り続ける、リチャード・カーペンターの誕生日

    『10月15日はなんの日?』妹カレンの歌声を守り続ける、リチャード・カーペンターの誕生日

    Billboard JAPAN

    10/15

    『4月22日はなんの日?』カーペンターズの日、メジャー契約から51年

    『4月22日はなんの日?』カーペンターズの日、メジャー契約から51年

    Billboard JAPAN

    4/22

  • リチャード・カーペンター、来日イベントで日本のファンに御礼

    リチャード・カーペンター、来日イベントで日本のファンに御礼

    Billboard JAPAN

    12/13

    トム・オデール、ソロ・ピアノによる来日公演が3月に決定

    トム・オデール、ソロ・ピアノによる来日公演が3月に決定

    Billboard JAPAN

    1/15

  • 自閉症の息子と父親描く映画『Po』、似た境遇のバート・バカラックがスコア担当へ

    自閉症の息子と父親描く映画『Po』、似た境遇のバート・バカラックがスコア担当へ

    Billboard JAPAN

    12/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す