ホールジー、第一子が生まれたことを発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ホールジー、第一子が生まれたことを発表

Billboard JAPAN
ホールジー、第一子が生まれたことを発表

ホールジー、第一子が生まれたことを発表


 現地時間2021年7月19日、ホールジーが恋人アレブ・アイディンとの間に第一子が誕生したことを自身のインスタグラムで発表した。

 「感謝。最も“稀”で多幸感に満ちた出産に。愛によって支えられた」とホールジーは綴り、赤ちゃんを自分の胸に乗せて、アレブの方を見つめる姿と赤ちゃんに授乳する様子を捉えた2枚のモノクロ写真を公開している。投稿によると、7月14日に生まれた赤ちゃんはエンダー・リドリー・アイディン(Ender Ridley Aydin)と名付けられたそうだ。

 ホールジーは、今年1月に第一子を妊娠していることを発表しており、その後父親がアレブであることが明らかになった。当時、彼女は「私の妊娠は100%計画したもので、このbb(ベイビー)を妊娠するために、一生懸命頑張りました」と不妊や妊娠について憶測する人々に対して述べていた。

 妊娠を発表する投稿で、ホールジーは虹色のクロップ・トップを着ており、過去に流産した経験を持っていることから、生まれてくる赤ちゃんが“レインボー・ベイビー”であることを連想させていた。“レインボー・ベイビー”とは、流産や死産などを経験した後に生まれてきた健康な赤ちゃんを指す。

 彼女は、妊娠していることを完全に受け入れる前にステージ上で流産したことを2018年の『The Doctors』のインタビューで明かしていた。さらには、不妊を引き起こす可能性がある子宮内膜症に苦しんでいたため、2017年に手術を受けたことも公表している。今年2月に、彼女は自身のインスタグラム・ストーリーズで下腹部の手術の傷を誇らしげに見せ、子宮内膜症と戦士を掛け合わせた“#endowarrior”というハッシュタグと「この天使を授けてくれた傷跡」というコメントを投稿していた。

 ホールジーは、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーとアッティカス・ロスがプロデュースした4thスタジオ・アルバム『If I Can't Have Love, I Want Power』を8月27日にリリースする予定だ。アルバムについて、彼女は「妊娠や出産にまつわる喜びや恐怖に関するコンセプト・アルバムです。ここ数か月の道のりを経て感じたことを、カヴァー・アートで伝えることが私にとって大切でした」と7月7日の投稿で説明していた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい