【ビルボード】星野源「不思議」、BTSと米津玄師を抑え総合首位獲得 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】星野源「不思議」、BTSと米津玄師を抑え総合首位獲得

Billboard JAPAN
【ビルボード】星野源「不思議」、BTSと米津玄師を抑え総合首位獲得

【ビルボード】星野源「不思議」、BTSと米津玄師を抑え総合首位獲得


 2021年6月30日公開(集計期間:2021年6月21日~6月27日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で星野源「不思議」が総合首位を獲得した。

 シングル発売週となった当週、シングル・セールスで136,665枚を売り上げ2位、ダウンロードでは9,968DLで5位、ストリーミングでは5,132,165再生で15位、動画再生で928,717再生で18位と、通常の“JAPAN HOT 100”首位で牽引する指標では大きなポイント差は付かず、むしろラジオ1位、ルックアップ2位、Twitter 3位と、各指標でポイントをバランス良く積み上げ、BTS「Butter」と総合ポイント462ポイントの僅差で総合首位を獲得した。

 米国HOT 100で5週連続首位となったBTS「Butter」は、前週に引き続きストリーミング、動画再生、Twitterで1位となり3冠を獲得したものの、シングルとルックアップのフィジカル2指標での加点0が響き、3週連続の総合2位となった。

 前週総合首位の米津玄師「Pale Blue」は、ダウンロードで前週28,334DLから当週26,790DLと微減したものの同指標1位、ストリーミングで前週8,060,435再生から当週7,263,538再生とこちらも微減して8位など、デジタル指標ではほぼ横ばいだったが、シングル・セールスで発売週となった前週の161,252枚から当週17,200枚に減少などフィジカル2指標でのポイント減が響き、総合3位に後退した。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[17]「不思議」星野源(136,665枚・9,968DL・5,132,165再生)
2位[2]「Butter」BTS(-・14,656DL・15,613,356再生)
3位[1]「Pale Blue」米津玄師(17,200枚・26,790DL・7,263,538再生)
4位[-]「ひとりにしないよ」関ジャニ∞[エイト](202,025枚・-・-)
5位[-]「Awesome」NGT48(113,515枚・-・-)
6位[5]「ドライフラワー」優里(-・8,330DL・8,240,443再生)
7位[4]「Dynamite」BTS(-・5,456DL・8,989,840再生)
8位[-]「はっきりしようぜ」アンジュルム(76,731枚・3,321DL・-)
9位[6]「怪物」YOASOBI(-・5,120DL・7,946,844再生)
10位[10]「踊」Ado(-・5,374DL・7,304,008再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい