エド・シーラン、テイラー・スウィフト『レッド』再録版のためにデュエット曲を既にレコーディング済みと明かす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エド・シーラン、テイラー・スウィフト『レッド』再録版のためにデュエット曲を既にレコーディング済みと明かす

Billboard JAPAN
エド・シーラン、テイラー・スウィフト『レッド』再録版のためにデュエット曲を既にレコーディング済みと明かす

エド・シーラン、テイラー・スウィフト『レッド』再録版のためにデュエット曲を既にレコーディング済みと明かす


 現地時間2021年6月27日、エド・シーランが英ラジオ番組『The Official Big Top 40』のインタビューに応じ、テイラー・スウィフトが11月19日にリリース予定の再録アルバム第2弾『レッド(テイラーズ・バージョン)』のためにデュエット曲「Everything Has Changed」を既に再レコーディングしたことを明かした。

 「Everything Has Changed」を再録する予定はあるかという質問に対してエドは、「すでにやったよ」と正直に答え、「テイラーは、みんなのためにいくつかサプライズを用意している。それだけ言っておくよ」と付け加えた。他にも、彼はこのインタビューで、これまで全英1位を記録した自身の楽曲を1分間で演奏するというチャレンジに応じている。

 2012年に『レッド』のオリジナル版が発売される前、エドとテイラーは今作のセッションから未発表曲が少なくとももう1曲あることを示唆していた。その夏、エドは米ローリング・ストーン誌とのインタビューで、二人がアルバムのために「実際は2曲書き、1曲はアルバムに収録され、もう1曲はどこかにまだ浮かんでいる」と話していた。

 先日、米ビルボードは、全30曲が収録されることが発表されている『レッド(テイラーズ・バージョン)』に、この未発表曲も含まれているのではないかという予想を発表していた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい