ピンク・フロイド、霧に包まれた“伝説の箱根アフロディーテ公演”から新発掘写真を公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ピンク・フロイド、霧に包まれた“伝説の箱根アフロディーテ公演”から新発掘写真を公開

Billboard JAPAN
ピンク・フロイド、霧に包まれた“伝説の箱根アフロディーテ公演”から新発掘写真を公開

ピンク・フロイド、霧に包まれた“伝説の箱根アフロディーテ公演”から新発掘写真を公開


 ピンク・フロイド、奇跡の発掘として話題の初来日公演【箱根アフロディーテ1971】映像を収録した『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』より、特典フォト・ブックに収録される未発表写真の一部が公開された。



 8月4日にリリースされる『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』は、『原子心母』の7インチ紙ジャケットCDと50年前の「箱根アフロディーテ」新発見映像をBlu-rayに収録した2枚組、更に「未発表写真満載のフォト・ブック」「箱根アフロディーテ・パンフレット」「会場案内図チラシ」「大阪公演ポスター」「箱根アフロディーテ・チケット」を復刻した5大特典付きの日本独自企画だ。

 海外アーティストを招聘した日本初の大規模野外ロック・フェスティヴァルとして、1971年(昭和46年)8月6日と7日の2日間に渡り、箱根芦ノ湖畔成蹊学園所有乗風台で開催された【箱根アフロディーテ】。大トリで出演したピンク・フロイドのステージは、山や森、芦ノ湖に囲まれながらパフォーマンスを披露するなか、当時未発売だった新曲「エコーズ」を初披露した際には湖側から霧が立ち込め、自然が演出した予期せぬ舞台効果により神秘的・幻想的な伝説のライヴとして語り継がれることになった。

 同公演映像はこれまで「原子心母 (Atom Heart Mother)」の1曲のみ存在は確認されていたものの、そのマスターの行方や同映像が撮影されたいきさつも含め、長年の間“謎”に包まれていた。しかし、遂にこの映像の当時の16mmのオリジナル・フィルムを半世紀の月日を経て発見。最新技術で16mmフィルムから一コマずつデジタル化、長い年月をかけての修復、リマスター作業を行ない、ピンク・フロイド側との交渉の末、【箱根アフロディーテ】50周年のタイミングで日本のみの商品化が実現した。



 今回新たに発見された16mmフィルムとともに、数多くの未発表写真も発掘。【箱根アフロディーテ】でのライヴはもとより、空港や記者会見、オフショット他、1971年ピンク・フロイド初来日時のドキュメンタリーを写真で振り返ることができる全60ページの「スペシャル・フォト・ブック」に収録される。

 写真の中には、前日の大雨でぬかるみにはまった機材車を人力で引っ張る姿や、ピンク・フロイドの機材車をブルドーザーで牽引する模様など、知識もマニュアルもない中、50年前の日本のスタッフたちが前例のないプロジェクト「日本初の野外ロック・フェス」を作り上げていく貴重な歴史の1ページをとらえた写真の数々も含まれている。

 ピンク・フロイドの初来日スケジュールは、1971年8月1日に羽田空港に到着。8月2日に宿泊先のホテルでの記者会見、8月6、7日箱根アフロディーテ公演、その後、新幹線で大阪に移動し、8月9日の大阪フェスティバルホール公演のあと、8月10日オーストラリア・メルボルンへ向けて旅立っており、それぞれの場面がフォト・ブックに収録されている。



◎リリース情報
『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』
Pink Floyd / Atom Heart Mother (Hakone Aphrodite 50 Anniversary Edition)
2021/8/4 RELEASE
SICP-6396~7 (CD+BD 2枚組) 6,600円(tax in.)
完全生産限定盤/日本独自企画/7インチ紙ジャケット仕様/5大特典封入
https://www.110107.com/pinkfloyd_AHM50th


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい