<ライブレポート>toku、鈴木このみ&やなぎなぎを迎え、ソロ・アルバム『bouquet』リリース記念ライブをBillboard Live YOKOHAMAで開催 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>toku、鈴木このみ&やなぎなぎを迎え、ソロ・アルバム『bouquet』リリース記念ライブをBillboard Live YOKOHAMAで開催

Billboard JAPAN
<ライブレポート>toku、鈴木このみ&やなぎなぎを迎え、ソロ・アルバム『bouquet』リリース記念ライブをBillboard Live YOKOHAMAで開催

<ライブレポート>toku、鈴木このみ&やなぎなぎを迎え、ソロ・アルバム『bouquet』リリース記念ライブをBillboard Live YOKOHAMAで開催


 【toku ×鈴木このみ×やなぎなぎSpecial Live「bouquet」】が、6月6日にBillboard Live YOKOHAMAで開催された。

 GARNiDELiAのtokuが、ソロとして初となるアルバム『bouquet(ブーケ)』を6月16日にリリースする。本作には、神田沙也加、石原夏織、中島愛、鈴木このみ、atsuko(angela)、井口裕香、竹達彩奈、やなぎなぎ、三森すずこ、一青窈がフィーチャリング・ボーカルとして参加しており、10人を花に見たて、製作された楽曲が収録されている。本公演は、そのアルバムリリースを記念したもの。tokuは、梶原健生(Gt.)、セキタヒロシ(Ba.)、早川誠一郎(Dr.)といった信頼を寄せるバンドメンバーたちを率いて、ゲストの鈴木このみとやなぎなぎと共に、スペシャルな一夜を届けてくれた。

 幻想的なSEをバックに登場したtokuと鈴木このみ。記念すべき1曲目は疾走感のあるアッパーチューン「歌えばそこに君がいるから」だ。「青い薔薇」をイメージしたドレスを身に纏い、大人な雰囲気の鈴木。tokuは、最初のMCで「緩めでお願いします」と会場を和ませる。そして、メンバー全員で元気よく乾杯の音頭を取って、陽気なメロディの「Humming Flight!」へ突入。観客の大きな手拍子に合わせて、鈴木も体を揺らしながら歌い上げる。途中メンバーのソロを織り交ぜ、tokuもハーモニカを披露。続いて、「めっちゃかっこ良くないですか?」とtokuも絶賛する鈴木の最新曲「Bursty Greedy Spider」をパフォーマンス。本作は、TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』の後期オープニング・テーマで、シンバルが鳴り響くロックな楽曲だ。今回はtoku節も加わって、よりバンド・アンサンブルが全開にアレンジされていた。その後は一転して、鈴木が「最近会えない人に会えない状況にピッタリじゃないのかなと思って、選ばせていただきました」という「フラジャイルな君」を透明感ある歌声で届け、観客を魅了した。

 鈴木が歌う最後の曲となったのは、アルバム『bouquet』に収録されている「青い薔薇」。様々なジャンルの楽曲を乗り越えてきた鈴木の実力と、そんな彼女を信頼してるからこそ生まれる、情熱溢れるtokuの想いが上手く調和した楽曲だ。切なくドラマティックなミドルナンバーではあるが、静寂を切り裂くように一気に解放するサビパートが印象的だった。

 鈴木がステージを去り、エモーショナルなギター・ソロが鳴る中、やなぎなぎが登場して「ユキトキ」で爽やかにスタート。続けて「Sweet Track」とポップな楽曲で会場の熱気を一気に高めた。中盤MC、tokuは「(アルバムに)なんでこのアーティストを選んだのかが分かるライブになればいいな」と一言添えて、今回のライブの意義を再確認する。そして、3曲目はそんなアルバム『bouquet』の植物というコンセプトに合わせて、tokuが選曲したやなぎの楽曲「三つ葉の結びめ」だ。幻想的なストリングスとバンド・サウンドに乗せて、やなぎは観客と一体になって大きく手を振る。そのまま勢いを止めずに、ピアノ・デュオで始まったのは、GARNiDELiAのインディーズ時代の代表作「SPiCa」のカバーだ。やなぎは気持ちの良い裏声と伸びやかなビブラートを効かせ、圧倒的な存在感を放っていく。

 最後はアルバム『bouquet』から、tokuもお気に入りという「Coreopsis」。ミドルテンポと音数の多い歌詞が相まって、非常にメロディアスな楽曲になっていた。また、やなぎは本作で作詞も担当しており、原曲を聴いた時からしっくり来ていたという裏話をMCで繰り広げた。「Coreopsis」は、晩春から初夏にかけて咲くハルシャギクという花。パフォーマンスは、やなぎの衣装がハルシャギクのように黄金色に輝いており、花言葉のように「一目惚れ」した瞬間だった。

 メンバーがステージを後にすると、tokuは最後に「なぎさんのファンの方、このみちゃんのファンの方、それぞれ違うアーティストさんのいい所を見つけることができる、架け橋となればいいな」と、思いを感謝と共に伝えた。

 ライブパートが終わると、tokuのフリートークパートへ。アルバム『bouquet』に参加した神田沙也加、石原夏織、中島愛、atsuko(angela)、井口裕香、竹達彩奈、三森すずこ、一青窈からのメッセージが紹介された。そして、鈴木このみとやなぎなぎも再び登場して、tokuと歓談するなど、温かい雰囲気のままスペシャルライブの幕が下りた。

 なお、本公演のアーカイブ配信が6月13日まで行われているので是非チェックして頂きたい。

Text by Tatsuya Tanami
Photo by アンザイミキ


◎公演情報
【toku ×鈴木このみ×やなぎなぎSpecial Live「bouquet」】
2021年6月6日(日)
神奈川・Billboard Live YOKOHAMA

≪セットリスト≫
<Live act・鈴木このみ>
M1.歌えばそこに君がいるから
M2.Humming Flight!
M3.Bursty Greedy Spider
M4.フラジャイルな君
M5.青い薔薇
<Live act・やなぎなぎ>
M6.ユキトキ
M7.Sweet Track
M8.三つ葉の結びめ
M9.SPiCa [GARNiDELiAカバー]
M10.Coreopsis

アーカイブ配信:6月13日(日)23:59まで


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい