宇多田ヒカルの新曲「PINK BLOOD」リリース記念エキシビジョンがGinza Sony Parkで開催 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇多田ヒカルの新曲「PINK BLOOD」リリース記念エキシビジョンがGinza Sony Parkで開催

Billboard JAPAN
宇多田ヒカルの新曲「PINK BLOOD」リリース記念エキシビジョンがGinza Sony Parkで開催

宇多田ヒカルの新曲「PINK BLOOD」リリース記念エキシビジョンがGinza Sony Parkで開催


 宇多田ヒカルの新曲「PINK BLOOD」が本6月2日に配信リリース。MVが公開された。

 現在放送中のアニメ『不滅のあなたへ』の主題歌に起用された同曲。MVのディレクターを務めた谷川英司は「PINK BLOODを初めて聞かせてもらった時に感じた『現代に生まれる讃美歌』のようだ、というファーストインプレッションを大切にしながら、『成長』とは、アイデンティティと向き合い、自問・自覚・葛藤しながら、自己を形成するプロセスの新たなステージへ向かう事であり、つまりは、それが大人になるという事である、という概念を、全体を通してそこはかとなくでも感じてもらえれば幸いです。時代に左右されない、強いMVができたと自負しております」と語っている。

 また、6月5日からGinza Sony Parkで同曲のリリースを記念したエキシビションを開催。フォトグラファーTAKAYによる写真や、MVの撮影で使用された衣装やセットが展示されるほか、メインのアーティスト写真が撮影された鏡を使ったフォトブースも設置される。TAKAYは「展示ではかなり大きく写真を引き伸ばす機会を頂いたのですが、大きいからと言って写真のクオリティーを下げたくなかったので、大判プリントでもクオリティーをキープしたまま額装まで仕上げました。暗闇の中に浮かび上がるようなイメージで展示を出来ればと考えました」とコメント。

 スタイリストの山田直樹は白ドレス衣装について「監督の谷川さんから近代的にも古典的にも見えるような、不変的で時代を感じないものにしてほしいと依頼を受けました。今回の映像コンセプトである讃美歌であったり、Caravaggioの宗教画のような世界観を読み解き、宗教画に出てくる彫刻像をイメージして表現しています。ベージュのシルク生地をグレー味がでるように染め、ハンドドレープで構成しています」、黒ラバー衣装について「真っ黒の水面に横たわっている女性の姿。画の中心から、生命の力強さ、うねりを表現したいと思いました。水との相性を考え、周りの女性達も含め全てラバー素材で製作しています」、植物の衣装について「万物との共鳴、植物融合。自然に還るような世界観。alice auaaさんから生地提供して頂き、蜘蛛の巣のようなオリジナル生地と実際の植物を10層以上にも重ねて製作しています。繊細な細部までご覧ください」と述べている。

◎イベント情報
【宇多田ヒカル「PINK BLOOD」EXHIBITION】
2021年6月5日(土)~6月18日(金)Ginza Sony Park

https://youtu.be/U_Ry2dM0B34


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい