音楽制作陣にTAKE(FLOW)や村松崇継ら、イヤードラマ特化の音声版サブスク“NUMA”開設へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

音楽制作陣にTAKE(FLOW)や村松崇継ら、イヤードラマ特化の音声版サブスク“NUMA”開設へ

Billboard JAPAN
音楽制作陣にTAKE(FLOW)や村松崇継ら、イヤードラマ特化の音声版サブスク“NUMA”開設へ

音楽制作陣にTAKE(FLOW)や村松崇継ら、イヤードラマ特化の音声版サブスク“NUMA”開設へ


 イヤーコンテンツを配信する音声版サブスクリプションサービス「NUMA(読み:ヌーマ)」が、4月1日にローンチする。豪華キャスト&制作陣によって制作されるイヤードラマは音楽にもこだわっているといい、オープン時ラインナップ作品の音楽制作陣には、TAKE(FLOW)や村松崇継などが名を連ねる。

 音・声のみで楽しめるイヤーコンテンツ、イヤードラマを配信する同サービス。コロナ禍で思うように「舞台が開催できない」「ドラマの撮影ができない」「ライヴができない」など、表現者の活動の場所が奪われ窮地に陥るなかでも“何かみんなの楽しみをつくることはできないか”と、アーティスト、クリエイター達が模索を繰り返した結果、発案されたという。

 制作にあたり場所や時間に融通が利くと同時に、聴き手も場所やシチュエーションを制限されないなど、作り手も聴き手も自由度の高い、新しいエンターテインメントの形に可能性を見出し、実力派俳優、アーティスト、クリエイター、制作スタッフが集結。

 サイトオープン時には、神木隆之介が語り部として1人7役を演じ、音楽をTAKE(FLOW)が手掛ける『300年後の日本昔ばなし リーマン太郎』をはじめ、音尾琢真と板谷由夏によるラヴストーリーで、音楽は劇伴音楽作家として数々の名曲を残す村松崇継が手掛けた『あいつとこいつ』などがラインナップされる。

 なお、「NUMA」では4月1日のサービス開始に先駆けて3月23日より、“NUMAプレミアム”に先行登録すると初回ラインナップ作品の1エピソードを先行&無料で楽しめるプレOPENキャンペーンを実施している。詳細はNUMAサイトやオフィシャルSNSを要チェック。



◎NUMAサービス概要
サービスOPEN:2021年4月1日(木)00:00
NUMAプレミアム:月額(聴き放題)580円(税込)/ 1エピソード個別購入:200円(税込)
※毎週コンテンツ更新予定
【NUMAプレミアム先行登録キャンペーン】
2021年3月23日(火)~3月31日(水)までプレOPENキャンペーン実施。
NUMAプレミアム先行登録概要
(1)サービスOPENに先駆け、いち早くNUMAプレミアムを体験
 3月中にNUMAプレミアムに登録すると一部のエピソードが先行で聴取可
 3月中はプレミアム利用料0円
(2)A!-POINT付与キャンペーン実施
 3月中に先行登録をした上で、4月までNUMAプレミアムを継続した方全員にA!-POINT【580pt】を付与
https://numa.jp.net/

NUMA Official Twitter https://twitter.com/NUMA_JPN
NUMA Official Instagram https://www.instagram.com/numa_jpn/
NUMA Official facebook https://www.facebook.com/NUMA.JPN/
NUMA Official YouTube https://www.youtube.com/channel/UCulPVAx-yU76zkSL_Y1rXLw


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい