米津玄師、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】で「ALBUM OF THE YEAR」「VIDEO OF THE YEAR」の二冠 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米津玄師、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】で「ALBUM OF THE YEAR」「VIDEO OF THE YEAR」の二冠

Billboard JAPAN
米津玄師、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】で「ALBUM OF THE YEAR」「VIDEO OF THE YEAR」の二冠

米津玄師、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】で「ALBUM OF THE YEAR」「VIDEO OF THE YEAR」の二冠


 米津玄師が、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】の主要5部門のうち、「ALBUM OF THE YEAR」、「VIDEO OF THE YEAR」の2部門を獲得、米津本人および奥山監督よりコメントが到着した。

 【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021】は、SPACE SHOWER TVが2020年の音楽シーンを総括し、アーティスト・クリエイターへの感謝と敬意を込めて開催されるアワード。年間で最も優れたアルバム「ALBUM OF THE YEAR」を、アルバム『STRAY SHEEP』が受賞。年間で最も優れたミュージックビデオ「VIDEO OF THE YEAR」を、「感電」が受賞し、主要5部門のうち2部門を米津玄師が受賞した。「ALBUM OF THE YEAR」および「VIDEO OF THE YEAR」の受賞は自身初となる。

 「感電」は、ドラマ『MIU404』主題歌として書き下ろされた楽曲で、YouTubeでの再生数は1.3億再生を突破。ミュージックビデオの監督は、奥山由之氏が務めている。車の中からの視点をワンカットで見せ、享楽的とも狂気的ともいえる米津のパフォーマンスを引き出し、おおきなインパクトを残したことが評価された。

 また、アルバム『STRAY SHEEP』は、「Lemon」「馬と鹿」「感電」のほか、「パプリカ」「まちがいさがし」のセルフカバーなどが収録された、米津玄師5thオリジナルアルバム。200万セールスを突破。2020年度年間ランキングは今回の受賞を受けて31冠を達成した。


◎米津玄師コメント
音楽をつくり続けて、それなりに長くなってきましたけど、こういうふうに賞を頂けたり、いまだに健全に曲をつくり続けられていることは、ほんとうに幸せな事だと思います。それも聞いてくれる人たちがいなければ成立しないものなので、ひとえに感謝の気持ちを表したいですね。


◎奥山由之氏コメント
米津さん、受賞おめでとうございます!
そして「感電」MVに関わって下さった全ての方々、本当にありがとうございました!
いやー、真剣で、大変で、最高に楽しい現場でしたね。笑
みんなと共に思い出を作れたことが、幸せでなりません。

観て下さった方々。
今日も誰かに、何かを届けられた、ということが、
明日に向かう力を僕らに与えてくれます。
感謝の気持ちで一杯です。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい