<レポート>ZAIKOがライブ配信用スタジオ「Space Deck」を本社に併設 清春のデビュー記念ライブで初お披露目 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<レポート>ZAIKOがライブ配信用スタジオ「Space Deck」を本社に併設 清春のデビュー記念ライブで初お披露目

Billboard JAPAN
<レポート>ZAIKOがライブ配信用スタジオ「Space Deck」を本社に併設 清春のデビュー記念ライブで初お披露目

<レポート>ZAIKOがライブ配信用スタジオ「Space Deck」を本社に併設 清春のデビュー記念ライブで初お披露目


 電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」が、ミュージシャンである清春の28回目のデビュー日を記念した最新ライブ【28TH DEBUT DAY】を2月9日に配信した。

 今回の配信ライブ【28TH DEBUT DAY】は、ZAIKO本社内に併設され、2021年4月から本格オープンを予定する配信用スタジオ「Space Deck」から配信される初めてのライブだった。「Space Deck」はZAIKO本社が入居しているビルの最上階にあり、アーティストがライブをする場所は天井がなく、屋外になっているのが最大の特徴だろう。

 清春はK-A-Z、中村佳嗣の2人のギタリストと登場。ソロデビューアルバム『poetry』に収録されている「2月」などの楽曲を、途中の休憩をはさみつつ、約2時間のライブで披露した。ライブ後にはZAIKO取締役のローレン・ローズ・コーカー氏とZAIKOスタッフの坪井氏、そしてMCのジョー横溝とのトークも行った清春。「ZAIKOとは2020年5月からのお付き合いですが、1つの形や方法といったスタイルが出来上がってきている」と語った清春は、「リアルライブの代わりにZAIKOでライブ配信をしようとは考えていません。コロナが終わろうともやっていきたいと考えています」と続けた。

 また、坪井氏は「清春さんは配信ライブにおいて毎回実験していただいてて、視覚的・聴覚的にエキサイティングなショーを届けてもらっていますし、感動しています」とコメント。そして、ローレン氏は「最初は普通のライブに人が呼べないから配信ライブをやろうとなっていましたが、今はそのステージを超えて、デジタルイベント、つまり世界中の人たちが参加できるイベントとして、普通のライブではできない体験を届けられるかが重要になっています」と、配信ライブの現状についても言及した。

 2021年4月に本格オープンする「Space Deck」。オープンまでにさらに環境をグレードアップして、4月を迎えようとしているとのことだ。

Main Photo by 森 好弘
The Others by Yuma Totsuka


◎配信情報
ライブ【28TH DEBUT DAY】
2021年2月9日(火)
東京・Space Deck
出演:清春

<セットリスト>
01. 2月
02. rally
03. シャレード
04. 寡黙をくれた君と苦悩に満ちた僕
05. 夢追い
06. ベロニカ
07. MOMENT
08. MELODIES
09. ゲルニカ
10. UNDER THE SUN
11. 麗しき日々よ
12. アロン


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい