【ビルボード】優里「ドライフラワー」初のストリーミング首位 Ado「うっせぇわ」トップ10入り果たす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】優里「ドライフラワー」初のストリーミング首位 Ado「うっせぇわ」トップ10入り果たす

Billboard JAPAN
【ビルボード】優里「ドライフラワー」初のストリーミング首位 Ado「うっせぇわ」トップ10入り果たす

【ビルボード】優里「ドライフラワー」初のストリーミング首位 Ado「うっせぇわ」トップ10入り果たす


 2021年2月1日付(集計期間:2021年1月18日~1月24日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、優里の「ドライフラワー」が初の首位を獲得した。

 チャートイン13週目を迎えた「ドライフラワー」は、前週比101%となる11,269,281回再生をマークし、前週に続きピークを更新した。これによってBTSの「Dynamite」の連覇がストップし、7週ぶりに首位が入れ替わった。「ドライフラワー」は、優里が2020年10月25日にリリースしたシングルで、自身の楽曲「かくれんぼ」の“アフターストーリー”として書き下ろした楽曲。当チャートでは2020年11月9日付で81位に初登場し、翌々週の23日付では9位をマークし、初のトップ10入りを果たした。

 優里はさらに27位に「かくれんぼ」、56位に「ピーターパン」が入っており、いずれも前週から順位を上げている。また、1月23日にはニュー・シングル「インフィニティ」をリリースしており、こちらも次週のチャート・アクションに要注目だ。

 連続首位記録が6週でストップした「Dynamite」は、前週比97%となる11,205,669回を記録。1位の「ドライフラワー」とは僅差だった。再生回数の推移は緩やかな減少トレンドではあるものの、依然として高水準は維持しており、首位返り咲きもじゅうぶんに狙える範囲だろう。

 そして3位にはYOASOBIの「夜に駆ける」、4位にはLiSAの「炎」がエントリー。YOASOBIは、TVアニメ『BEASTARS』第2期のオープニングテーマである最新シングル「怪物」が前週8位から当週6位、EP『THE BOOK』収録の新曲「アンコール」が前週18位から当週9位にランクアップしており、それぞれ再生回数も右肩上がりの勢いを見せている。また、『BEASTARS』のエンディングテーマの新曲「優しい彗星」が1月20日にリリースされており、こちらは48位に初登場している。

 1月22日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に電話インタビューで出演したAdoは、2020年10月にリリースした「うっせぇわ」が、前週比152%となる7,079,065回を記録し、5位にエントリー。前週から7つ順位をあげて、初のトップ10入りを果たした。2020年12月7日に88位で初登場して以降、再生回数は根強く右肩上がりをキープしており、着実な訴求の拡大が窺える。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「ドライフラワー」優里(11,269,281回再生)
2位「Dynamite」BTS(11,205,669回再生)
3位「夜に駆ける」YOASOBI(11,167,667回再生)
4位「炎」LiSA(8,318,006回再生)
5位「うっせぇわ」Ado(7,079,065回再生)
6位「怪物」YOASOBI(6,906,079回再生)
7位「廻廻奇譚」Eve(6,168,658回再生)
8位「群青」YOASOBI(6,066,061回再生)
9位「アンコール」YOASOBI(5,937,056回再生)
10位「虹」菅田将暉(5,746,356回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい