LUCKY TAPES、アルバム『Blend』リリース記念で約1年ぶりの有観客ワンマンライブ開催 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

LUCKY TAPES、アルバム『Blend』リリース記念で約1年ぶりの有観客ワンマンライブ開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
LUCKY TAPES、アルバム『Blend』リリース記念で約1年ぶりの有観客ワンマンライブ開催

LUCKY TAPES、アルバム『Blend』リリース記念で約1年ぶりの有観客ワンマンライブ開催


 LUCKY TAPESが12月5日、最新アルバム『Blend』のリリースを記念したワンマンライブ【LUCKY TAPES 『Blend』 Release One-Man Live】をEX Theater Roppongiにて開催した。

 約1年ぶりの有観客ライブとなった同公演は、新型コロナウイルス感染症対策として来場者人数を制限した上、二部制の全席指定でソーシャルディスタンスが保たれた状態で実施された。



 開演時刻になると同時に暗転、雨音が会場全体を包み込んだ。アルバム『Blend』のオープニング曲「Interlude」の世界観そのままに雨音が鳴り響く中メンバーがステージ上に登場すると、高橋海(Vo/Key)が奏でるピアノの音色でしっとりとライヴはスタートした。「LUCKY TAPESです!よろしくお願いします!」と高橋健介(Gt)の挨拶から1曲目の「BLUE」へ。ホーンセクションが入った9人編成の特別なライブアレンジで客席を魅了していた。

 間髪入れず「Actor」「Mars」に突入し、田口恵人(B)のファンキーなベースによって高揚感が一層高まった流れで「Lonely Lonely」「Gravity」へ。ステージ上に設置された3つのミラーボールの演出で会場が一気に華やかになる。

 「マスクの中で小さくひっそり歌ってください」という高橋海のMCで始まった「3:33」では鍵盤からギターに切り替えての熱唱、更に次の「No Sense」ではマイク一本でラップ・スタイルに切り替えてのパフォーマンスを見せるなど、ヴァリエーション豊かな演出で楽しませてくれた。

 また、音源とは違ったライヴアレンジでホーンセクションが加わり、田口が途中で切り替えたアップライトベースの音色でグルーヴ感が更に上昇。「去年のワンマン(ライブ)から一年以上経ってしまいました。せっかくなんで3人でやってもいいですか?」と客席に問いかけた流れで楽曲「生活」へ。メンバー3人がステージ中央に集まり、それぞれがピンスポットを浴びながらしっとりと演奏したこの曲に、客席は完全に魅了されていた。

 「皆さんここでお願いがあります!お手持ちのスマートフォンのライトを点けてもらっていいですか?」と高橋健介からの問いかけに答える客席。会場全体が客席のスマホから照らされたライトにより、揺れ動く星空のような雰囲気になった状態で「MOOD」へ。ここで一気に会場全体に一体感が生まれた。

 その後青い照明でムーディーに演出された「Trouble」そして「Over」が披露されると、客席はこの日これまでに彼らが作り出し蓄積してきたグルーヴィーな世界観に酔いしれていた。

 「お客さんを入れてのライヴは今日が今年最初で最後なんです。来年はまた笑顔で会いましょう!」という高橋健介のMCから本編最後の曲「JOY」へ。言うまでもなくLUCKY TAPESのライヴでは欠かすことの出来ないこの定番曲で大団円を迎えた。

 この日のライヴは一部と二部共に全14曲(アンコール含む)、それぞれわずか1時間少々の短いステージでありながらも、会場を後にするお客さん一人一人の表情は満足感に満ち溢れていた。



◎【LUCKY TAPES 『Blend』 Release One-Man Live】セットリスト
OP Interlude
1.BLUE
2.Actor
3.Mars
4.Lonely Lonely
5.Gravity
6.3:33
7.No Sense
8.生活
9.MOOD (Session new ver.)
10.MOOD
11.Trouble
12.Over
13.JOY
EN シェリー

Photo by KOSUKE ITO


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい