桑田佳祐、オンラインシステム採用のボウリング大会【KUWATA CUP 2020→2021】開催に向け始動 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桑田佳祐、オンラインシステム採用のボウリング大会【KUWATA CUP 2020→2021】開催に向け始動

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
桑田佳祐、オンラインシステム採用のボウリング大会【KUWATA CUP 2020→2021】開催に向け始動

桑田佳祐、オンラインシステム採用のボウリング大会【KUWATA CUP 2020→2021】開催に向け始動


 桑田佳祐が旗振り役を務めるボウリング大会【KUWATA CUP 2020→2021 ~みんなのボウリング大会~】が始動する。

 2019年に立ち上がった、老若男女どこでもだれでも参加することができる、史上最大規模の“みんなのボウリング大会”【KUWATA CUP】。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、今年2月に開催されるはずだった【KUWATA CUP 2020 ~みんなのボウリング大会~】本大会と準決勝・決勝は中止となり、順延開催が検討されてきたが、改めて正式に中止と発表された。その代わり、この【KUWATA CUP 2020】を組み込む形で、2021年ならではの新しい競技参加形式を取り入れた【KUWATA CUP 2020→2021】の開催を目指す。

 同大会では、選手のWEB登録システムを採用し、参加選手の成績をリアルタイムで可視化していくサイトを構築。選手の密集が想定される行程を、成績スコアとその時点での全国順位をいち早く把握できるようなオンラインシステムに置き換え、全国各地で予選大会が完結するような仕組みづくりをしていく予定。詳細は2021年1月上旬に発表となる。

 なお、【KUWATA CUP 2020】本大会への出場が確定していたアマチュアボウラー部門(ハウスボウラーの方)・競技ボウラー部門(マイボウラーの方)の選手には、部門ごとに一定のシード権が付与される予定。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい