チック・チック・チック、最新EPより至福のディスコ・ファンク・ナンバー「Walk It Off」を公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チック・チック・チック、最新EPより至福のディスコ・ファンク・ナンバー「Walk It Off」を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
チック・チック・チック、最新EPより至福のディスコ・ファンク・ナンバー「Walk It Off」を公開

チック・チック・チック、最新EPより至福のディスコ・ファンク・ナンバー「Walk It Off」を公開


 20年近くに渡ってダンスフロアの忘れられない瞬間と熱狂的なライブ・セットを届け続けてきた米ニューヨークのチック・チック・チック(!!!)が、2020年7月31日リリースの最新EP『Certified Heavy Kats』より新曲「Walk It Off」を公開した。

 「Walk It Off」は、ライブを締めくくるために制作されたサイケデリックなディスコ・ファンクだ。フロントマンのニック・オファーとヴォーカルのミアー・ペースがダビーなグルーヴに乗ってフックを繰り出すこの曲は、約8分にも及ぶ長尺となっており、ダンスフロアの至福の時間を優雅に演出している。

 軽快な2ステップの「Do The Dial Tone」からポップでフットワーク/ジュークな要素を持つ「Maybe You Can't Make It」まで収録された今回のEPは、昨年リリースされた『Wallop』の作風を踏襲しており、バンドが常にインスピレーションの源としてきた様々なクラブ・ミュージックへのオマージュを込めている。

 シカゴ・ハウス、UKガラージ、ニューヨーク・ディスコ、ブレイク・ビーツ、レイヴなど様々な要素をミックスした本作は、ライアーズ(Liars)のフロントマン、アンガス・アンドリューやミステリアスなUKのデュオ、シンクヤティース(Sink Ya Teeth)のマリア・ウゾルらが参加した、繊細なグルーヴとコントロールされたサウンドのカオスの間を行き来するような作品に仕上がっている。

 ニックは今作について「俺たちがいつもやっていること以上の何かを探りながら制作をした。俺たちは、それが間違っていたとしても新しい何かを思いつくことを期待して色々なことを試したんだ。今回はどれだけの間違いを犯せたんだろうな」と語っている。

 最新EP『Certified Heavy Kats』は7月31日にデジタル・リリースされる。また、彼らは9月に開催される【GREENROOM FESTIVAL ’20】への出演が予定されている。現在、BEATINK.COMではチック・チック・チックの所属レーベル<Warp>のTシャツとパーカーや、来日公演時グッズの受注が受付中となっている。

◎リリース情報
EP『Certified Heavy Kats』
2020/7/31 RELEASE
http://hyperurl.co/jrkqk9

◎公演情報
【GREENROOM FESTIVAL ’20】
会場: 横浜赤レンガ倉庫野外特設会場
日時: 2020年9月5日(土)、6日(日)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい