『日本沈没2020』スピンオフ企画で「シズマヌキボウ」のPV公開 向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章が参加 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『日本沈没2020』スピンオフ企画で「シズマヌキボウ」のPV公開 向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章が参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『日本沈没2020』スピンオフ企画で「シズマヌキボウ」のPV公開 向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章が参加

『日本沈没2020』スピンオフ企画で「シズマヌキボウ」のPV公開 向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章が参加


 Netflixは7月16日、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などで知られる湯浅政明監督によるNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』 で描かれる“希望と再生の物語”からインスピレーションを受けたスピンオフプロジェクト“シズマヌキボウ”より、同名のスペシャル楽曲PVをNetflix Japanの公式YouTubeチャンネルにて公開した。https://youtu.be/6QIEK5NbEAY

 オリジナル楽曲「シズマヌキボウ」の参加アーティストには、Daichi Yamamoto、向井太一 、『日本沈没2020』のグランドエンディングテーマとして新曲「景色」を歌うバーチャルシンガーの花譜、そしてカイト役の声優としても今作に出演する声優の小野賢章の4人。小野賢章はラップ初挑戦となる。また、本作と同じくKEN THE 390が、ここでもラップ監修で参加している。

 『日本沈没2020』は過酷な現実でも、そこから目を逸らさずポジティブに未来を見つめ、希望の思いをつな
ぎ、前を向いて生きていくことを選択する希望と再生の物語で、人種、国籍、世代、政治、宗教、LGBTQといった現代の社会的なトピックスに切り込む作品であり、それこそが"シズマヌキボウ"プロジェクトにも通底するメッセージとのことだ。

 これまでの湯浅監督作品において重要なパートを担ってきた、劇中に差し込まれるラップ表現は『日本沈没2020』においても出現。登場人物たちが絶望的な状況のなか“未来への希望”をラップで表現する、本作の象徴的なシーンを出発点に オリジナル楽曲「シズマヌキボウ」 は制作された。作中では、主人公の歩(あゆむ)と仲間たちが希望の光差す“魂のラップ”を繰り広げるが、本楽曲においてもまた、アーティストたちが自身の経験をもとに作詞したリアルな言葉で“未来への希望”を語る。さらに「シズマヌキボウ」のリリックには『日本沈没2020』全10話のエピソードタイトルが散りばめられており、その“10の言葉”がアーティストそれぞれの持つ葛藤や希望とも重なり展開されていく曲構成となっている。

 PVの監督は映像ディレクター、Nao Watanabeが担当。なお、『日本沈没2020』の主題歌には 大貫妙子&坂本龍一 の「a life」を起用、音楽を牛尾憲輔(agraph)が手がけるほか、ラップ監修は先述したKEN THE 390が担当している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい