【2020 BET Awards】ビヨンセ、受賞スピーチで投票することを呼びかける 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【2020 BET Awards】ビヨンセ、受賞スピーチで投票することを呼びかける

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【2020 BET Awards】ビヨンセ、受賞スピーチで投票することを呼びかける

【2020 BET Awards】ビヨンセ、受賞スピーチで投票することを呼びかける


 2020年6月28日にリモート開催された【2020 BET Awards】で、ビヨンセに<ヒューマニタリアン賞>が授与された。

 放送では元米ファースト・レディのミシェル・オバマがプレゼンターとして出演し、友人でもあるビヨンセに、「どれほどステージが巨大になっても、自分が持つ輝きの全てを次の世代と分かち合うまで“マイ・ガール”(私の女友達)は満足しないことを知っています。ですから彼女はクロイ&ハリーや、“ホームカミング”スペシャルで私たちを驚嘆させたあのオーケストラのような若いパフォーマーたちを常に引き上げているのです。マイ・ガールへ伝えたいことは、“あなたは私をインスパイアし、私たち皆をインスパイアしているのです”」と賛辞を贈った。

 ビヨンセは、自身の功績をモンタージュにした動画のあとに登場し、「この美しい名誉をありがとうございます。この賞は、外で行進し、変化のために戦い、私をインスパイアしてくれているブラザーやシスターたち全員に捧げたいと思います。皆さんの声は届いており、私たちの祖先たちに彼らの苦労は無駄ではなかったことを証明してみせています」と述べた。

 彼女はさらに、「私たちが真の力を持って歩くためにしなければならないことがもう一つあります。それは投票することです。行動を起こし続けてください。人種差別的で不平等なシステムを変え、解体し続けてください」と続けた。

 「全国の州で行われている地域選挙や予備選挙の間、私たちが家にいることを見込んでいる人々がいます。私たちは、自分たちの命がかかっているかのように投票しなければなりません。命がかかっているからです」と彼女は呼びかけた。

 ビヨンセの慈善団体BeyGood Foundationでは、奨学金の授与やPCR検査の無料提供、陸地に囲まれたアフリカの国ブルンジに清潔な水を届けるなど、さまざまな支援活動を行っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい