MIYACHI、人種差別抗議運動と日本のHip Hopシーンへ問題提議した新曲「ALLERGY」を緊急リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

MIYACHI、人種差別抗議運動と日本のHip Hopシーンへ問題提議した新曲「ALLERGY」を緊急リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
MIYACHI、人種差別抗議運動と日本のHip Hopシーンへ問題提議した新曲「ALLERGY」を緊急リリース

MIYACHI、人種差別抗議運動と日本のHip Hopシーンへ問題提議した新曲「ALLERGY」を緊急リリース


 NY在住のラッパー、MIYACHIが新曲「ALLERGY」をリリースした。

 米ミネソタ州ミネアポリスで発生した警察官によるジョージ・フロイドさん殺害事件をきっかけに今、人種差別抗議運動が世界各国で広がっている。実際にデモに参加したというMIYACHIは、様々な憤りを感じる中、日本のHip Hopシーンへ問題提議を投げかける新曲「ALLERGY」を緊急リリースした。

 日本とアメリカにルーツを持つMIYACHI自身も、アジア系アメリカ人として幼少期より様々な経験をしてきたとのこと。そのMIYACHIが“今”感じる怒りや悲しみとリスペクトを持って、日本のHip Hopシーンのために強い言葉と共に吐き出した「ALLERGY」。今起こっている運動は白人と黒人だけ、アメリカだけでの問題ではなく、“不正義を正すための運動=戦い”だと投げかける。

 なお、スタッフいわく「これは誰か個人に向けたディストラックではありません。今世界で起きている事に対しての問題提議の1曲です。リリックにも “NEW YORK CITYヒップホップ始め、差別があったから生まれ、心がないと曲意味ない” とある通り、Hip Hopに感謝とリスペクトを示すMIYACHIから、それぞれがこの問題をどう捉えて、どう理解するか、そしてこれからの日本のHip Hopシーンの為にもどういう言動や行動をとるべきか、小さな事でも良いから何か考えて、学ぶきっかけになる1曲になればと願っています。」とのことだ。


◎リリース情報
シングル「ALLERGY」
2020/6/15 DIGITAL RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい