リゾ、全米各地の救急病院に勤務する医療関係者にランチを提供 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

リゾ、全米各地の救急病院に勤務する医療関係者にランチを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
リゾ、全米各地の救急病院に勤務する医療関係者にランチを提供

リゾ、全米各地の救急病院に勤務する医療関係者にランチを提供


 2020年3月30日にリゾがインスタグラムを更新し、新型コロナウイルスと前線で戦う全米の医療関係者たちに、感謝の気持ちとしてランチを提供したことを報告した。

 リゾが寄付をしたのは、ワシントン大学メディカル・センターやヴァンダービルト大学メディカル・センターをはじめとする全米各地の救急病院に勤務する医療スタッフで、届けられた食事を手に彼らが笑顔で写っている写真のモンタージュが投稿されている。

 リゾは、「私たちのヒーローたちをシャウトアウト」とキャプションに添え、世界保健機関(WHO)のCOVID-19 Solidarity Response Fundへの寄付を呼びかけている。

 また、ミシガン州デトロイト出身の彼女は、地元のヘンリー・フォード病院にも食事を提供している。病院のTwitterが投稿した動画で彼女は、「前線にいてくれる皆さんにご馳走したいって思ったんだ。ランチは奢りね!皆さんのことが大好き。この物語のヒーローになってくれて本当にありがとう」と語っている。

 Mヘルス・フェアビュー・ミネソタ大学メディカル・センターもリゾへの感謝をSNSに投稿している。リゾは長年ミネソタ州ミネアポリスに住んでいた。病院のアカウントは、「救急で働いていたら@Lizzoがランチを送って驚かせてくれた」とツイートしている。

 リゾは今後も複数の病院に食事を提供し続けるつもりであると、アトランティック・レコードの彼女の担当者は話している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい