『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、ツアー引退表明後もステージに立ち続けるギターの神様 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、ツアー引退表明後もステージに立ち続けるギターの神様

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、ツアー引退表明後もステージに立ち続けるギターの神様

『3月30日はなんの日?』エリック・クラプトンの誕生日、ツアー引退表明後もステージに立ち続けるギターの神様


 3月30日はエリック・クラプトンの75歳の誕生日。エリック・クラプトンは1945年3月30日、イギリス・サリー州リプリー生まれ。1960年代から現在まで、ロック界が誇るギタリストとして活躍を続けてきたクラプトン。これまでに『461 オーシャン・ブールヴァード』(1974年)、『フロム・ザ・クレイドル』(1994年)、『アンプラグド~アコースティック・クラプトン』(1992年)の3作品が全米ビルボードNo.1を獲得。シングルにおいては1974年に発表したボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのカバー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」がクラプトンにとって唯一の全米ビルボードNo.1ソングとなるが、90年代には「ティアーズ・イン・ヘヴン」(1992年、2位)、「チェンジ・ザ・ワールド」(1996年、5位)と2曲のアコースティック・ナンバーがチャート上位に食い込むヒットを記録している。

 体力的な問題から、すでに大規模なツアーからの引退を表明しているクラプトンだが、昨年もジャパン・ツアーを筆頭にイギリス、ドイツ、アメリカなどで多数の公演を行なったほか、9月には自身が主催するギタリストの祭典【クロスロード・ギター・フェスティヴァル】を約6年ぶりに開催し、世界中のファンを歓喜させた。2020年もコンサート活動を継続しており、先月17日には、昨年10月に逝去したジンジャー・ベイカーのトリビュート・コンサートを英ロンドンにて主催し、ロン・ウッド、ロジャー・ウォーターズ、ナイル・ロジャース、スティーヴ・ウィンウッドらと共演。今月3日にもロンドンで開催された大規模なチャリティー・コンサートに出演し、ヴァン・モリソンとの共演を果たしている。クラプトンは5月21日から欧州ツアー15公演を行なう予定となっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2021年への延期が発表されている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい