『第12回CDショップ大賞2020』大賞はOfficial髭男dism&カネコアヤノ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『第12回CDショップ大賞2020』大賞はOfficial髭男dism&カネコアヤノ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『第12回CDショップ大賞2020』大賞はOfficial髭男dism&カネコアヤノ

『第12回CDショップ大賞2020』大賞はOfficial髭男dism&カネコアヤノ


 全国のCDショップ店員による投票で選ばれた『第12回CDショップ大賞2020』の受賞作品が発表された。

 前回の第11回から『CDショップ大賞』では、大賞作品を<赤>と<青>の2作品選出。<赤>は「何回でも聴きたい素晴らしい作品=#神アルバム(と呼べるようなスタンダードとなりうる作品)」、そして<青>は「新人の素晴らしいアルバム。受賞をきっかけにブレイクが期待される、お客様にお勧めしたい作品」がコンセプトになる。

 今回は2019年1月1日から2019年12月31日までにリリースされた邦楽オリジナルアルバム(ベスト盤を除く)が選考対象となり、上位15作品が入賞作品として選出、その中から大賞作品および各部門入賞作品が選ばれた。

 大賞作品<赤>を受賞したのは、Official髭男dism『Traveler』。メンバーの藤原聡(Vo/Pf)は受賞について、「いつも応援ありがとうございます。今回この素晴らしい賞を頂けたことで、Official 髭男 dism というバンドを、Traveler というアルバムを初めて知って下さる方もたくさんいらっしゃると思いますが、どうか皆さんの心に寄り添えますようにと祈っています。引き続き、より良い音楽を求めて作って行きます。」と喜びを語った。

 そして大賞作品<青>には、カネコアヤノ『燦々』が選出された。これについてカネコアヤノは、「いろいろな賞より、なぜがトクベツです。すごくうれしい。そして本当に本当に本当にありがとう、という想いです。音楽を続けていきます。」とコメントしている。そのほかの部門賞は以下の通り。

 なお、3月18日にはYoutubeで『第12回CDショップ大賞2020受賞記念番組』が配信。大賞および各部門の受賞者が喜びの声を語るほか、一部アーティストによるライブ・パフォーマンスの披露も予定されている。


◎受賞リスト
【大賞作品<赤>】 Official 髭男 dism 『Traveler』
【大賞作品<青>】 カネコアヤノ『燦々』
【部門賞】
・洋楽賞:ビリー・アイリッシュ『ホエン・ウィー・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥー・ウィー・ゴー?』
・洋楽賞(特別賞):TOOL『Fear Inoculum』
・ライブ作品賞:NUMBER GIRL『LIVE ALBUM『感電の記憶』2002.5.19 TOUR『NUM-HEAVYMETALLIC』日比谷野外大音楽堂』
・クラシック賞 :河村尚子『ベートーヴェン:ピアノソナタ集 1 悲愴&月光』
・ジャズ賞 :ADAM at『トワイライトシンドローム』
・ジャズ賞(特別賞):渡辺貞夫『SADAO 2019-ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー』
・歌謡曲賞:市川由紀乃『雪恋華』

◎配信情報
『第12回CDショップ大賞2020受賞記念番組』
2020年3月18日19:00~
出演者:カネコアヤノ、長谷川白紙、パソコン音楽クラブ、爽、RINGOMUSUME(りんご娘)、NO BRIGHT GIRL、tonari no Hanako、ドラマストア、ADAM at


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい