BTSとBLACKPINKの【グラミー】ノミネート落選にファン落胆 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BTSとBLACKPINKの【グラミー】ノミネート落選にファン落胆

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BTSとBLACKPINKの【グラミー】ノミネート落選にファン落胆

BTSとBLACKPINKの【グラミー】ノミネート落選にファン落胆


 現地時間11月20日に発表された【第62回グラミー賞】のノミネートリストにBTSとBLACKPINKの名前が載らなかったことに、ネット上で悲しみの声が上がった。

 ノミネート発表前から両グループのファンたちは、どのカテゴリーにノミネートされるか予想する動きが見られていた。BTSは米ビルボード・アルバム・チャートで初登場1位を記録した最新作『Map of the Soul: Persona』が<最優秀アルバム賞>、BLACKPINKは「Kill This Love」のミュージックビデオが史上最速でYouTube動画再生1億回を突破という記録を打ち出したため、<最優秀新人賞>にノミネートされるのではないかと様々な声が上がった。

 また、【第60回グラミー賞】では女性アーティストのノミネートが圧倒的に少ないことに批判が上がり、昨年の【第61回グラミー賞】ではそれを払拭するように女性アーティストが数多くの候補に上がったり(実際に賞も受賞)、主要4部門のノミネート数が5つから8つに増えたりなど、近年【グラミー賞】で多様性を取り入れた変化が見られたため、ファンの間では、K-POPアーティスト勢の国際的な活躍が特に見られた今年こそ、韓国アーティスト達がノミネートされると思われていた。

 BTSのノミネート0に落胆したのはファンだけでなく、「Boy With Luv」でコラボレーションしたホールジーは「BTSは複数ノミネートされるべき」とツイート。「でも彼らが認められないことに正直驚きはしない。アメリカはまだまだ遅れているの。(彼らが認められる)その日はちゃんと来るわ。」とツイートしている。

リゾが最多8部門、ビリー・アイリッシュとリル・ナズ・Xがそれに続く6部門にノミネートされた【第62回グラミー賞】。授賞式は日本時間2020年1月27日に開催され、この模様はWOWOWで生中継される。


◎番組情報
『生中継!第62回グラミー賞授賞式』※二カ国語版(同時通訳)
2020年1月27日(月)午前9:00~、WOWOWプライムにて生中継
出演者:ジョン・カビラ、ホラン千秋、小牧ユカ
『第62回グラミー賞授賞式』※字幕版
2020年1月27日(月)夜10:00~、WOWOWプライムにて放送


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい