The 1975、社会的な不安を歌った新曲「Frail State Of Mind」リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

The 1975、社会的な不安を歌った新曲「Frail State Of Mind」リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
The 1975、社会的な不安を歌った新曲「Frail State Of Mind」リリース

The 1975、社会的な不安を歌った新曲「Frail State Of Mind」リリース


 The 1975が新曲「Frail State Of Mind」をリリースした。

 マシュー・ヒーリー(Vo)が「いつも弱くてごめんね 僕は大丈夫だよ 君も大丈夫だよね」と歌う同曲は、“虚弱な精神状態・気持ち”を意味するタイトルで、マシュー自身はこれについて、「UKガレージに乗せて、社会的な不安を悲しく、暗く歌った曲」と語っている。

 この「Frail State Of Mind」は、The 1975が来年リリース予定の4thアルバム『Notes On A Conditional Form』の収録曲で、同作からの先行シングルとしてはほかに、16歳の環境保護活動家、グレタ・トゥーンベリによるスピーチをフィーチャーした「The 1975」、公開時に「マリリン・マンソンかと思った!」といった声も上がった「People」がすでに配信中となっている。

 全22曲収録のニュー・アルバム『Notes On A Conditional Form』は、2020年2月21日に世界同時発売。

◎リリース情報
アルバム『Notes On A Conditional Form』
2020/2/21 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい