『10月9日はなんの日?』ジョン・レノンの誕生日、生誕79年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『10月9日はなんの日?』ジョン・レノンの誕生日、生誕79年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『10月9日はなんの日?』ジョン・レノンの誕生日、生誕79年

『10月9日はなんの日?』ジョン・レノンの誕生日、生誕79年


 10月9日はジョン・レノンの誕生日。ジョン・レノンは1940年10月9日、イギリス・リヴァプール生まれ。ビートルズ、そしてソロ・アーティストとして数々の名曲を残し、1980年に40歳という若さでこの世を去ったジョン・レノン。2019年はジョンの生誕79年となる。

 ビートルズ時代にポール・マッカートニーとのコンビ、レノン=マッカートニーとして史上もっとも多くの全米ビルボードNo.1ソングを生み出しているジョン・レノンだが、ソロ・アーティストとして記念すべき初の全米ビルボードNo.1ソングは、1974年『心の壁、愛の橋』からのシングル「真夜中を突っ走れ」。1971年にアルバム『イマジン』が全米ビルボードNo.1アルバムとなったものの、今も“愛と平和のテーマ”として世界中の人々に愛されている同名シングルの最高位は3位。ジョンのソロ名義での全米No.1獲得はビートルズの元メンバーのなかでは4番目、つまり最後だった。そして、もう1つの全米ビルボードNo.1ソングは、約5年の主夫生活を送っていたジョンの復帰作となったヨーコとの共作『ダブル・ファンタジー』(1980年)からのシングル「スターティング・オーヴァー」。同曲は11月のアルバムのリリースからわずか3週間後、ジョンの突然の訃報を受けてチャートを一気に駆け上がり、その後、5週にわたり首位を獲得。皮肉にもこれがジョンのソロ・キャリアにおいて最大のヒット曲となっている。

 なお、今年ジョンとヨーコ・オノは結婚50周年を迎えており、これを記念し1969年に2人が発表した前衛作品『ウェディング・アルバム』の記念盤『未完成作品第3番 ウェディング・アルバム(50周年記念盤)』が3月にリリースされている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい