<初日ライブレポート>西川貴教主催【イナズマロック フェス 2019】

Billboard JAPAN

 滋賀ふるさと観光大使を務める西川貴教が2019年9月21日、22日の2日間、滋賀県草津市の烏丸半島芝生広場で大型野外フェス【イナズマロック フェス2019】を行い、2日間で9万5千人を動員。初日のライブレポートが届いた。
その他ライブ画像

 滋賀県出身の西川は、2008年に同県の観光大使に就任。「音楽を通じて地元にお返しがしたい」と、滋賀県の全面バックアップのもと2009年にこのイベントをスタートさせた。昨年10回目を迎え、単なる音楽イベントという枠を超えた滋賀県の風物詩にまで発展した。

 「イナズマ」の大きな特徴は、ライブが行われる有料エリアのメインステージ「雷神ステージ」だけでなく、誰でも無料で入場できるフリーエリアが充実していること。メジャーアーティストやアイドルのライブが行われる「風神ステージ」、ご当地キャラクターが出演する「龍神ステージ」、飲食ブースや滋賀県観光PRコーナー、授乳室やベビーカー置き場などが設けられており、地元の人も気軽に楽しめる“地域のイベント”として定着したのが、10年を超えて愛される秘訣といえる。

 今年の「雷神ステージ」には、西川貴教をはじめ、日向坂46、UVERworld、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、ゲスの極み乙女。、ももいろクローバーZ など全15アーティストが出演。また、ハマカーン、ひょっこりはん、トレンディエンジェル、尼神インター、三四郎、藤崎マーケットなど、12組の人気芸人も客席を盛り上げた。

 1日目は、台風17号の影響が心配されたが、開場する頃には小雨となり予定通りスタート。橋川渉草津市長による開会宣言に続き、3人組バンドのBRADIOが登場。彼らは2014年に風神ステージに出演、今年は雷神ステージでRISING ACTをつとめるまでに成長した。真行寺貴秋(リードヴォーカル)は、「5年前風神ステージに立った俺たちが今、雷神ステージに立ってる! 夢しかないぜ、イナズマ!」と喜びを叫び、「Flyers」「Overnight Superstar」「Back To The Funk」の3曲をプレイ、ファンキーなステージで会場を盛り上げた。

 トップバッターは、音符模様の白いワンピースで登場したイナズマ初出演の日向坂46。今年7月にリリースした最新シングルのヒット祈願として、ドラゴンボートで琵琶湖を横断したという彼女たち。「そんな縁のある場所でできるのは嬉しい」と、その新曲「ドレミソラシド」を披露。他にもキュンキュンダンスが話題となったデビュー曲「キュン」など、全5曲をプレイした。可憐なパフォーマンスに加え、複雑なフォーメーション、息の合ったダンスで会場を盛り上げた。

 続いてはこちらもイナズマ初登場、2014年メジャーデビューの5人組ダンス&ボーカルグループ、Da-iCE。「タオルを振って僕らと一緒に楽しんでくれますか」と盛り上がった「パラダイブ」ほか、今年6月にリリースしたベストアルバム「Da-iCE BEST」にも収録されている新曲の「イチタスイチ」「TIME COASTER」など、全7曲を披露した。「イナズマが念願のステージです」と抜群の歌唱力とキレのあるダンスで観客を魅了した彼らは、2020年1月から3月にかけて国立代々木競技場 第一体育館と大阪城ホールを巡るアリーナツアー【Da-iCE BEST TOUR 2020 -SPECIAL EDITION-】を開催する予定だ。続くKEYTALKは、2017年から3年連続で出演の4人組バンド 。昨年は幕張メッセでのワンマンライブも成功させ、今年も夏フェスを大いに賑わせた。彼らにとって夏の締め括りともなるイナズマでは、「BUBBLE-GUM MAGIC」「MATSURI BAYASHI」「桜花爛漫」など6曲をパワフルにプレイして会場を盛り上げた。ギターの小野武正は9月19日が誕生日。「西川(貴教)さんと一緒。あとで西川さんとツーショットが撮りたいですね」と笑顔を見せた。KEYTALKは11月6日に6枚目のアルバムのリリース、それに合わせて全国ツアーも予定している。

 続いては、昨年に引き続き2度目の登場となる西川貴教。西川は、自身の主催するイベントだから毎年出演するのではなく、他のアーティストと同じようにその実力で出演権を獲得したいと言う。その発言通り、この一年でシングルとアルバムをリリース、そして自身初の全国ツアーを成功させ、さらに大きくなってステージに戻ってきた。ライブでは『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』のエンディングテーマ「Roll The Dice」、オープニングテーマ「His/Story」をはじめ、『映画刀剣乱舞』の 主題歌「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」、さらに西川自身が声優として主演する劇場上映作品『Thunderbolt Fantasy西幽ゲン歌』(10月25日公開)の主題歌で10月23日リリースの「Crescent Cutlass」を初披露。「誰のファンとか、曲知ってるとかどうでもいい。今日この日は、誰にとっても残された人生の最初の1日、一番大切な瞬間」と言い、その大切な時間を目一杯満たすような圧巻のステージで客席を魅了した。

 昨年に続き3回目の出演となるメインダンサー&バックボーカルグループの超特急は、メンバーのユースケが膝の負傷などで療養中のため、カイ・リョウガ・タクヤ・ユーキ・タカシの5人で登場。雷神ステージに因み、”雷太鼓”をつけた衣装でイベントを盛り上げる。「超えてアバンチュール」に始まり、ライブの鉄板曲「SAY NO」「浮つきWAVES」「バッタマン」など、ノンストップのパフォーマンスで会場を沸かせ、客席からはメンバーが大きく動くたびに黄色い声や大きな歓声が上がった。ただカッコいいだけではない、思わず観客が笑顔になるユニークなステージングを見せた。2019年から2020年にかけて大阪城ホールと国立代々木競技場 第一体育館でのアリーナツアーも控える彼ら、今後のステージにも注目だ。

 西川と同じく滋賀県出身6人組バンドのUVERworldは、2009年のイベントスタート以来、最多出演している常連組。楽器隊が音を鳴らす中、TAKUYA∞(Vo)はステージに走り込むようにして登場。今年2月にリリースしたシングル「Touch off」をはじめ、「EDENへ」「ナノ・セカント゛」「ODD FUTURE」「IMPACT」など全8曲をプレイ。「今日眠りにつくとき、今日見たあのアーティストのことを思い出す。でもなぜだかUVERworldのことを思い出しちゃう」客席に集まった人にそう思わせたいとTAKUYA∞は言ったが、まさにそうなりそうな熱いメッセージの込められた曲たちだった。夢を追う人、追う勇気が出ない人、そして夢が見られなくて苦しんでいる人…すべてのオーディエンスの背中を押し続けているUVERworld。今年デビュー15年、結成20年という節目を迎え、12月19日、20日には初の東京ドーム2DAYS公演を予定している。

 1日目の最後は、16人組ダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。昨年に引き続き2度目の出演、今年はトリをつとめることになった。DJ IZOHのプレイでステージの雰囲気が一気に変わったところで、メンバーが大きな歓声に迎えられて登場。「HARD HIT」「Fandango」、そして7月リリースの新曲「WELCOME 2 PARADISE」など、甘い歌声と圧巻のダンスで、迫力あるパフォーマンスを見せる。まるで、会場全体が巨大なクラブになったかのようだ。メンバーがステージを所狭しと動き回り、ポーズをキメるたびに客席からは黄色い声が上がった。さらに「Dirty Disco」の途中で、ステージ袖でライブを見ていた西川をメンバーがセンターに連れ出し、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE×西川貴教という音楽ジャンルを超えたコラボが実現。西川は、抜群の歌唱力でサビを歌い上げた。

 アンコールでは10月2日リリースの新曲「SWAG&PRIDE」、そして「100degrees」をプレイ。夜の琵琶湖のほとりがダンスビートに包まれて、1日目が終了した。

TEXT:フジタアヤコ
※『Thunderbolt Fantasy 西幽ゲン歌』のゲンは王編に玄が正式表記

 

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック