Do As Infinity、20周年記念ライブでヒット曲&オリジナルメンバー手がけた新曲も披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Do As Infinity、20周年記念ライブでヒット曲&オリジナルメンバー手がけた新曲も披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Do As Infinity、20周年記念ライブでヒット曲&オリジナルメンバー手がけた新曲も披露

Do As Infinity、20周年記念ライブでヒット曲&オリジナルメンバー手がけた新曲も披露


 Do As Infinityが、ファンクラブ限定の20周年記念ライブ【Do As Infinity 20th Anniversary ~Dive At It Limited Live 2019~】を、2019年9月21日にヒューリックホール東京にて開催した。
その他ライブ画像

 1曲目は、9月25日リリースされる通算13枚目のオリジナルアルバム『Do As Infinity』からの新曲「Engine」。大渡の力強いギター演奏から始まり、伴がエネルギッシュに歌い上げた。続いて「最後のGAME」、そしてヒット曲「冒険者たち」とロックナンバーを続けて会場のボルテージを一気に上げると、さらに「Oasis」「真実の詩」「陽のあたる坂道」など数々のヒットナンバーを歌唱。これぞ20周年といった、彼らの歴史を感じられるセットリストとなった。

 アンコールでは、オリジナルメンバーだった長尾大が約14年ぶりに作曲を担当した新曲「Alright!」を初披露。久しぶりの長尾大のメロディーと共に、20周年を迎えるDo As Infinityの2人が見せる最高のパフォーマンスで、会場は一つになった。

PHOTO:田中聖太郎

◎リリース情報
アルバム『Do As Infinity』
2019/9/25 RELEASE
<CD+DVD>
AVCD-96353/B 4,860円(tax in.)
<CD+Blu-ray>
AVCD-96354/B 5,400円(tax in.)
<CD>
AVCD-96355 3,240円(tax in.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい