日向坂46、上村ひなのソロ曲MVは自然体の姿を映し出した作品 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日向坂46、上村ひなのソロ曲MVは自然体の姿を映し出した作品

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
日向坂46、上村ひなのソロ曲MVは自然体の姿を映し出した作品

日向坂46、上村ひなのソロ曲MVは自然体の姿を映し出した作品


 日向坂46が、2019年10月2日にリリースするニュー・シングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』より、TYPE-B収録の上村ひなのソロ曲「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」のミュージックビデオを公開した。
その他画像

 日向坂46唯一の三期生である上村ひなの。ソロ曲は等身大の彼女自身を象徴する作品ともいえ、実際最初に歌詞を読んだ際には「素敵です。私のことみたいです!」と感激していたとのこと。MVの撮影当日は天候にも恵まれ、商店街や家、学校の教室、体育館などを使用し、何かに導かれるかのように踊りだす姿や、自然体の彼女が映し出されている。



◎リリース情報
シングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』
2019/10/02 RELEASE
<初回仕様限定盤TYPE-A(CD+BD)>
SRCL-11310~11311 / 1,900円(tax out)
<初回仕様限定盤TYPE-B(CD+BD)>
SRCL-11312~11313 / 1,900円(tax out)
<初回仕様限定盤TYPE-C(CD+BD)>
SRCL-11314~11315 / 1,900円(tax out)
<通常盤(CD)>
SRCL-11316 / 1,100円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい