【ビルボード】竹内まりや『Turntable』が2.6万枚売り上げて2週連続ALセールス首位獲得 矢沢永吉/嵐が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】竹内まりや『Turntable』が2.6万枚売り上げて2週連続ALセールス首位獲得 矢沢永吉/嵐が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】竹内まりや『Turntable』が2.6万枚売り上げて2週連続ALセールス首位獲得 矢沢永吉/嵐が続く

【ビルボード】竹内まりや『Turntable』が2.6万枚売り上げて2週連続ALセールス首位獲得 矢沢永吉/嵐が続く


 竹内まりやの40周年記念アルバム『Turntable』が当週26,712枚を売り上げて、2019年9月23日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で2週連続の首位を獲得し、累計売上は121,239枚となった。

 続いて、矢沢永吉『いつか、その日が来る日まで…』が当週20,447枚を売り上げて、2週連続の2位となった。そして3位には、嵐『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が当週16,201枚を売り上げてチャートインしている。これで『5×20 All the BEST!! 1999-2019』の累計売上枚数は2,100,688枚と210万枚を突破している。

 そして、マカロニえんぴつ『season』が初動3日間で6,845枚、当週10,621枚を売り上げて4位に、MMORPG『FINAL FANTASY XIV』の最新オリジナル・サウンドトラック『SHADOWBRINGERS: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack』が初動3日間で6,086枚、当週8,170枚を売り上げてチャートインしている。

 6位以下の動きでは、8月7日にリリースされた森口博子のガンダムソングのカバー集『GUNDAM SONG COVERS』が前週の7位に引き続いて当週も8位と、2週連続でトップ10をキープしている。また、2008年にリリースされた竹内まりやのベストアルバム『Expressions』も前週の24位から当週16位と、さらに順位を上げている。


◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2019年9月9日~2019年9月15日までの集計)
1位『Turntable』竹内まりや(26,712枚)
2位『いつか、その日が来る日まで…』矢沢永吉(20,447枚)
3位『5×20 All the BEST!! 1999-2019』嵐(16,201枚)
4位『season』マカロニえんぴつ(10,621枚)
5位『SHADOWBRINGERS: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack』ゲーム・ミュージック(8,170枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい